2020年度のヨーロッパ2輪車市場で14.2%のシェアを獲得するピアッジオグループ

ベスパやアプリリア、モトグッツィなどのバイクブランドを展開するピアッジオグループは、2020年度のヨーロッパ2輪車市場において、全体の14.2%のシェアを獲得しました。

ヨーロッパ2輪車市場ではメジャーなピアッジオグループ

 ベスパやアプリリア、モトグッツィなどのバイクブランドを展開するピアッジオグループは、2020年度のヨーロッパ2輪車市場において、全体の14.2%のシェアを獲得しました。

ベスパ「Primavera(プリマベーラ)」(欧州仕様車)

 2020年度のヨーロッパ主要市場(イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、イギリス、ベルギー、オランダ、ギリシャ、クロアチア、ポルトガル、スイス、オーストリア、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、チェコ、ハンガリー、スロベニア)で登録された2輪車(モーターサイクル及びスクーター)は145万5000台であり、その内20万7000台をピアッジオグループが生産しました。2019年度比では6%増となっています。

 主な要因には、ベスパブランドのスクーター、モト・グッツィのアドベンチャーモデル「V85 TT」シリーズ、モーターサイクルセグメントにおけるアプリリアブランドの成長、スクーターセグメントでのピアッジオブランドの成功が挙げられています。

 ピアッジオグループは2020年12月以降、ピアッジオの新型スクーター「BEVERLY(ビバリー)」(日本未導入)をはじめ、モト・グッツィ新型「V7」およびアプリリア新型「Tuono 660(トゥオーノ660)」を発表しており、2021年発売予定の新型11モデル(スクーター5台、モーターサイクル6台)を初披露しました。さらに6月には、ピアッジオの新型電動スクーターの発表を予定しています。

※ ※ ※

 個性的なブランドを展開するピアッジオグループは、スクーターからスーパースポーツ、クラシック、アドベンチャーなど幅広いジャンルをカバーしており、今後どのモデルが日本へ導入されるのか、期待が高まります。

【了】

【画像】ピアッジオグループの新型バイクを見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事