TVアニメ『神様になった日』の舞台となった山梨市 桃の花が咲き誇る春は“聖地巡礼”ツーリングに最適!

ツーリングの目的地としてアニメやドラマで描かれている“聖地”に出向くライダーも少なくないのではないでしょうか? TVアニメ『神様になった日』は、ツーリングスポットに恵まれている山梨県が舞台となっています。

聖地巡礼の目的地はツーリングに最適な山梨県!

 ここ数年、話題になることが多いアニメやドラマの“聖地巡礼”。ツーリングの目的地として、これらの“聖地”を訪れているライダーも少なくないのでは?

 東京のお隣りにあり、ツーリングスポットに数多く恵まれた山梨を舞台にしたTVアニメ『神様になった日』が、いま巷で話題になっています。

山梨市はTVアニメ『神様になった日』の舞台探訪キャンペーンを展開している 提供:山梨市観光協会

『神様になった日』は、高校最後の夏休みを迎えた少年、成神陽太の前に、突然、「全知の神」を自称する少女ひなが現れ、「30日後にこの世界は終わる」と予言。その後、ひなと陽太は共同生活を送りながら、ひと夏を過ごす、切なくも愛しいストーリー。ゲームやアニメの世界で数々のヒット作を生み出してきた麻枝 准(まえだ じゅん)が原作・脚本を手がけ、P.A.WORKSが制作を担当している。

 昨秋からTOKYO MXやBS11、ABCテレビなどで放送され、舞台が公表される以前から「山梨市がモデルなのでは?」とファンの間では囁かれていましたが、日本一の日照時間を誇る山梨の風景とまぶしく甘酸っぱい作品の持つ世界観がマッチしたことから主な舞台に選ばれたようです。

『笛吹川フルーツ公園』野外ステージ周辺で作品の世界を追体験 VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
憩いの場となっている『笛吹川フルーツ公園』野外ステージ周辺 提供:山梨市観光協会

『笛吹川フルーツ公園』から富士山を背景にした山並みと甲府盆地を一望する眺めは、奈良県の『若草山』、福岡県の『皿倉山』と並んで、“新日本三大夜景”のひとつに選ばれ、“恋人の聖地”にも選定されています。

“恋人の聖地”からの夜景はロマンティック VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
『笛吹川フルーツ公園』内にある“恋人の聖地”モニュメント 提供:山梨市観光協会

 園内には記念のモニュメントが設置されていて、そこで愛を誓い合う男女があとを絶たないとか……。また、すぐ近くにある『やまなしフルーツ温泉ぷくぷく』や『ほったらかし温泉』は、ツーリングでの疲れを癒すのにもピッタリです。

 公園に至る『フルーツライン』はバイクで走るのに最高の道ですが、農道なので地元の方が農機や軽トラックでゆっくりと走っていることも多く、くれぐれも走行マナーには気を付けたいところ。

山梨市役所西館1階にはポスターが展示されている 提供:山梨市観光協会

 現在、『神様になった日』と山梨市ではタイアップ企画を展開。現地でしか手に入らない待ち受画面をゲットできるQRスポットや、“聖地”が掲載されている舞台探訪マップを市内に設置していて、今後もさまざまな企画を予定しているとのこと。詳細はTVアニメ『神様になった日』公式サイトで確認できますが、曜日によって休みになる場所がいくつかあるので、その点にはご注意。それら詳細を、公式サイトや現地で手に入る舞台探訪マップでチェックしながら観光して回るのがオススメです。

 これから4月上旬から中旬にかけ、山梨市周辺で桃の花が咲き誇る様子はまさに“桃源郷”。新型コロナウイルスの影響で、まだまだツーリングを気軽に楽しめるような状況ではありませんが、お家で計画を立てるのも一興かもしれませんね。

【了】

【画像】TVアニメ『神様になった日』の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

Writer: 井出 直人

ロードレース専門誌時代にMotoGP、鈴鹿8耐、全日本ロードレース選手権などを精力的に取材。エンターテインメント系フリーペーパーの編集等を経て、現在はフリーランスとして各種媒体に寄稿している。ハンドリングに感銘を受けたヤマハFZ750がバイクの評価基準で、現在はスズキGSX-R1000とベスパLX150を所有する。
Twitter:@naoto_ide

最新記事