バイクタレントが抗体検査の簡易キットを使ってみた! 痛みはどの程度? 感染の初期・中期~後期も判別可能?

バイクタレントとして活躍する岸田彩美さんは、過去に新型コロナウイルスに感染していたかどうかが分かる簡易キットで抗体検査を行いました。キットの使い勝手や痛みはどの程度なのでしょうか。

オールインワンですべてが揃う簡易キット

 こんにちは。バイクタレントの岸田彩美です。緊急事態宣言の延長など、まだまだ新型コロナウイルスが落ち着きませんね……。

 私自身ここ数年間体調を崩した覚えはなく非常に健康体ですが、この約一年以内に新型コロナウイルスにかかったことがあるのだろうか……そんな疑問がありました。無症状でも感染していることもあるんですもんね。

岸田さんがIcheckで購入した抗体検査の簡易キット

 そんな折、家で検査することができる簡易キットをインターネットで発見。早速試してみたので、その様子をお届けしてみたいと思います。

 今回私は、Icheckというサイトから、新型コロナウイルスの抗体検査を受けられるキットを購入してみました。

 抗体検査とは、過去に新型コロナウイルスに感染していたかどうかが分かるとのことで、この検査では体内で増える抗体(IgM/IgG)を調べるそうです。

 このサイトで購入を決めたポイントは、キャンペーン中だったこともあり、税抜2980円+送料という十分払える金額だったことや15時までに購入すればその日に発送されること、一か月間、メールまたは電話にて医療機関とのやりとりが行えるので安心だなと思ったことにあります。

 また、採血する際の採血針もセットでついてくること(自分で買わなくてはいけない場合が多い)や、最短15分で検査結果が出る事も良いなあと思い、ポチっと購入してみました。

いよいよ検査キットが到着。その中身は……

 注文したのがお昼頃で、到着したのが翌日。あまりにも早い到着に驚き。封筒の中をあけてみると、可愛い箱が出てきました。

 中には説明書・希釈液・アルコールパッド・針(二回分)・検査キット・スポイトが入っていました。

Icheckのキットに同封された検査キット

 アルコールパッドで薬指(針を刺す指)を拭いて清潔にします。その後希釈液の蓋をあけていよいよ指先に針を刺します。

 正直、怖くてたまりませんでした。自分の指に針を刺すなんて、したことないですもん。

 しかしボタンを押すだけで良いので、特に技術もいりません。(針は2回分あるので、もしミスをしても安心)針自体ものすごく細いですし、実際に刺してみたらちょっとチクっとするくらいでした。普通の注射に比べれば全然どうってことないですね。

 そこからスポイトで血液を採取し、検査キットのSが書かれている場所に垂らします。(※写真では血液の部分を隠しています)

 あまり血液が少ないと結果がはっきり出ないことがあるそうですが、さらにそこに希釈液を入れ、約15分経過したら結果が出るとのことです。

 検査で分かるのは抗体の有無だけかと思いきや、説明書を読み返すと感染の初期・中期~後期というのもわかるそうで、正直怖くてたまりませんでした。もし今かかっていたら、と思うと……。

検査結果は15分後。気になる結果は……

 15分ってあっという間なはずなのにすごく長く感じましたが、さあ15分後どうだったか……

岸田さんの抗体検査は陰性。15分ほどで結果がでます

 ああ、陰性!!

 精度は84~95%という高精度。100%ではありませんが、あー良かった……ホッとしたというのが正直な感想でした。

 この結果なら、過去にもかかったことはなさそうですね。ですが気を緩めることなく引き続きマスク・手洗いうがい・3密を避けることを徹底していきます。

 また、すでに熱がある、嗅覚・味覚症状があるという方は、まずはお住いの各都道府県の新型コロナウイルス感染情報をしっかりと確認した上で、問い合わせ等を行うことをオススメいたします。現時点で無症状の場合に使ったほうが良いと思います。

 今回抗体検査を受けてみて、外出をしなくても自宅で検査できるということが一番のメリットかなと思いました。
 
 決して安い! とは言えない金額ですが、用事があって実家に帰らなくてはいけない時など、大切な時があるなら、一度検査するとより安心につながるはずです。コロナ予防の一つとして、必要な時に受ける事は良い事だと思いました。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

【了】

【画像】岸田さんが購入したIcheckの抗体検査キットの画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

Writer: 岸田彩美

食べる事とインコが大好き。愛称:あやみん。2011年駒澤大学準ミスグランプリを取得後、ツインリンクもてぎのイメージガール、ツインリンクもてぎエンジェルを務めた。任期中に様々なバイクの楽しみ方に出会いその魅力に心を奪われた。トライアルデモンストレーション、MotoGP 日本グランプリでステージMCなどバイクのイベント出演や司会も務める。

最新記事