目指すは世界チャンピオン! 日本人初MotoEライダー 大久保 光選手の2020年・2021年

新型コロナウイルス感染拡大により、大混乱に陥った世界と同様に、大きな影響を受けたロードレース界。国内外で活躍するレーシングライダー達は、どのような2020年シーズンを送り、今季はどんなスタートを切ったのでしょうか。

日本人初カテゴリで世界チャンピオンを目指す!

 少しずつ世界中でワクチン接種が開始されたとはいえ、まだまだ猛威を振るう新型コロナウイルス。そんな世界中で混乱が続くなか、国内外で活躍するレーシングライダー達は、どのような2020年シーズンを送り、今季はどんなスタートを切ったのでしょうか。

 昨シーズンは、スーパースポーツ世界選手権に参戦した大久保 光(おおくぼ ひかり)選手に聞いてみました。

コロナ渦の中、2020年はスーパースポーツ世界選手権に参戦した大久保 光選手

――2020年の参戦カテゴリと参戦チーム、マシンを教えてください。

 昨年はダイナボルトホンダから、スーパースポーツ世界選手権(WSS)に参戦していました。マシンはホンダCBR600RRです。

――昨シーズンは、どんな1年でしたか?(レース)

 昨年のレースは非常に難しいものでした。怪我もあり、欠場したレースも多かったため、思うようにレースをすることができませんでした。

――昨年は、プライベートではどんな年でしたか?

 プライベートでも、厳しいシーズンでした。コロナの影響やデモの影響により、会いたい人に会えない日々が、とてもストレスでした。

――色々な国を転戦したと思いますが、コロナ禍で特に印象に残っている良かったエピソードがあれば教えてください。

 コロナの影響により、拠点にしていたウクライナに入国できなくなってしまったので、ブルガリアに行っていました。ヨーグルトが美味しかったです。

――色々な国を転戦するなかで、コロナ禍で特に印象に残っている悪いエピソードがあれば教えてください。

 悪い印象があることはないですね。ただコロナであらゆる物が制限されるのが、ストレスでした。

――行った国によって、コロナへの対策に違いはありましたか?

 ヨーロッパのEU圏内で活動していたので、特別な処置などはありませんでした。

Ajo MotorsportからMotoEクラスに2021年シーズンは参戦

――2021年の参戦カテゴリとチームを教えてください。

 今年は心機一転、MotoGP MotoEクラスに参戦します。チームはAjo Motorsportとなります。

――WSSからMoto Eに参戦カテゴリを変更した理由や経緯を教えてください。

 友人のテツ(長島 哲太 選手)にAJOさんを紹介していただき、そこから話が進んでいきました。

 本来ならば今年もWSSに参戦する予定で、昨年いたチーム、ダイナボルトホンダとの契約も済んでいたのですが、チームの都合により一方的に契約破棄となってしまい、どうしようかと思っていたところだったので、本当に良かったです。

参戦に向けトレーニングを続ける大久保選手

――日本人初のMotoEフル参戦ということで、意気込みをお願いします。

 電動バイクってどんな感じなんでしょうね(笑)とにかく、どんなレースでも全力で頑張ります!

――MotoEバイクに乗ったことはありますか?あれば感想、無ければ初の電動バイクでのレースに向けて、特別にやっているトレーニングや対策はありますか?

 まだ、MotoEマシンには乗っていません。トレーニングで、電気スクーターに乗り始めました。

――現在もコロナ禍という状況は変わっていませんが、今季レースに参戦するにあたり、既に影響はありますか?

 やはり、渡航制限が厄介になりそうです。

2021年、日本人として初参戦するMotoEでチャンピオンを目指します

――応援してくれるファンの人たちへメッセージをお願いします。

 皆様いつも応援ありがとうございます。今年は心機一転、MotoEで世界チャンピオンを目指していきます。今年も応援宜しくお願い致します。

大久保光選手Twitter

【了】

【画像】MotoEに2021年参戦する大久保光選手の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事