ゆるキャラなカエルがなぜか極右思想のシンボルに『フィールズ・グッド・マン』

のん気なコミックキャラクターがインターネット上で改変されまくり、作者の意思を超えてヘイト・シンボルに認定されてしまうというネットの闇を追ったドキュメンタリー『フィールズ・グッド・マン』が2021年3月12日(金)より全国順次公開されます。

「家が欲しかっただけなのに…」インターネット時代の闇を追うドキュメンタリー

 一人のアーティストが生み出したのん気なコミックキャラクターがインターネットの匿名掲示板上で変異し、悪用され続けた結果、ヘイト・シンボルに認定されてしまうという現代アメリカの闇の部分に迫るドキュメンタリー『フィールズ・グッド・マン』が2021年3月12日(金)よりユーロスペース、新宿シネマカリテほかで全国順次公開されます。

現代アメリカの闇の部分に迫るドキュメンタリー『フィールズ・グッド・マン』(c)2020 Feels Good Man Film LLC

 ポスター中央でほほ笑むカエルの“ぺぺ”は、日本ではあまり認知されていないですが、生まれ故郷アメリカではキャラクターが独り歩きして、極右思想のシンボルとしてネット上で拡散されまくった悲劇のキャラクターとして知られています。

 もともとはチルでハッピーなキャラクターたちが繰り広げる若者のリアルな日常を描いて、カルト的な人気を博したマット・フューリーの漫画「ボーイズ・クラブ」の主人公だったペペ。

 ところが、いつからか掲示板やSNSには、“ネットミーム”として改変されたぺぺが溢れだし、2016年アメリカ大統領選時には、匿名掲示板「4chan」でオルタナ右翼たちが人種差別的なイメージとともにぺぺを大拡散。挙句にADL(名誉毀損防止同盟)からヘイトシンボルとして正式認定されることとなってしまいました。作者のマットもペペのイメージ奪還に乗り出すのですが…。日本でもゆるキャラをはじめとしたキャラクター人気は絶大ですので、対岸の火事と笑っているわけにはいかないかもしれませんね。

1991年の東京モーターショーにYAMAHAが出品した電動スクーターのコンセプトモデル「Frog」

 ところで、カエルというと1991年の東京モーターショーにYAMAHAが出品した電動スクーターのコンセプトモデル「Frog」(=カエル)を思い出すのですが、見比べてみるとどことなくぺぺに似ているような気がしないでもないです。

キャラクターが独り歩きして、極右思想のシンボルとしてネット上で拡散されまくった悲劇のキャラクターぺぺ (c)2020 Feels Good Man Film LLC

 キャラクターが辿った運命を追いながらインターネット時代の光と影を映し出すドキュメンタリー『フィールズ・グッド・マン』は2021年3月12日(金)よりユーロスペース、新宿シネマカリテほかで全国順次公開です。

【画像】『フィールズ・グッド・マン』の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事