高校生アスリートが戦国時代にタイムスリップ『ブレイブ -群青戦記-』

突然、戦国時代にタイムスリップしてしまった高校生たちが戦国武士との戦いに挑む『ブレイブ -群青戦記-』が2021年3月12日(金)から上映中です。

仲間と協力して戦国時代を生き残れ!

 突然、戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の高校生たちが「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を活かして戦国武士との戦いに挑む『ブレイブ -群青戦記-』が2021年3月12日(金)から上映中です。

戦国武士との戦いに挑む『ブレイブ -群青戦記-』 (c)2021「ブレイブ -群青戦記-」製作委員会 (c)笠原真樹/集英社

 週刊ヤングジャンプ(集英社)で連載され、「部活×青春×歴史」作品として熱狂的なファンを獲得した笠原真樹の人気漫画『群青戦記 グンジョーセンキ』を、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が実写化。高校生アスリートたちが、仲間を守るために生死を賭けた戦いのなかで成長していくドラマと、高校生VS戦国武士という「異色」のアクションを熱く描きます。

 戦国時代に放り込まれた高校生たちは生き延びることが出来るのか、そして平和な現代に戻ることは出来るのか。部活の特性を活かしたアクションはもちろん、鎧とユニフォームが絶妙に混じりあった衣裳にも注目です。

戦国武士との戦いに挑む『ブレイブ -群青戦記-』 (c)2021「ブレイブ -群青戦記-」製作委員会 (c)笠原真樹/集英社

「バイク×戦国」で忘れてならないのは、毎年8月に北海道・松前町で行われる「松前城下時代まつり」ですね。開会式のセレモニーとして、鎧兜を身にまとった約30人ほどのライダーが、排気量250cc以上のバイクにまたがってメインストリートを疾走する「バイク武者集団」は一見の価値ありです。

 現代から戦国時代へタイムスリップした高校生たちが生き残りをかけて合戦に挑む大作アクション『ブレイブ -群青戦記-』は2021年3月12日(金)から上映中です。

【画像】『ブレイブ -群青戦記-』を見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事