遊び心が詰まった小さな電動レジャーバイク、TROMOX「MINO」日本上陸 XEAMから新発売

電動バイクブランド「XEAM(ジーム)」のラインナップに新たな電動バイクTROMOX「MINO」が加わることが発表されました。どのような特徴があるのでしょうか。

前後ホイール10インチの電動バイク、走る楽しさを気軽に味わえる

 SUPER SOCO(スーパーソコ)やniu、Zero Motorcyclesなどの電動バイクを展開する「XEAM(ジーム)」は、中国に本社を置く電動バイクメーカーTROMOXの「MINO」という電動バイクを導入します。

TROMOX製の電動バイク「MINO」

「MINO」は原付1種に分類され、原付免許または自動車の普通免許で運転可能、スペック上の最高速度は50km/h、航続距離は88km(※体重75kgのライダーが30km/h、気温26度で平地走行した場合)となっています。

 倒立フロントフォークやレイダウンされたリアショックを装備し、インホイールモーターやベルトドライブ採用のモデルもある電動バイクにあって、チェーン駆動であることも特徴のひとつと言えるでしょう。

 そのたたずまいはまさにレジャーバイクです。遊び心をくすぐるルックスに「ECO」と「SPORTS」といった2種類の走行モードを備えています。

 実際に試乗したところ、ECOモードではスロットルをひねるとゆるやかに加速し、ゆったりとスピードが上がっていきます。

 一方、SPORTSモードに切り替えると、文字通りアグレッシブな顔をのぞかせます。トルクの立ち上がりは過敏さを抑えた設定ですが、それでも心地良い加速を感じられます。単なる移動だけではなく、遊びで走らせるシーンを想定し、スピードに乗ったところから強めにブレーキをかけると、安定しつつもしっかりと制動します。コーナーに入るときの車体の動きにブレは感じず、グッとした安定感を覚えます。

実際にまたがって乗車姿勢をとると、ニーグリップするには難しいコンパクトさ

 走り始めこそ電動バイクらしい出力特性への戸惑いや、低速域からのさらなる加速感を欲張りたくなってしまうところはありますが、慣れてくると軽快な動きや、操作に不安を覚えることなく走っていられるおもしろさに魅了され、もっとこのバイクの特性に合った走りを見出してみたいという気持ちにもさせられます。

 SPORTSモードがアグレッシブとはいえライダーの手に余ることはなく、怖さを感じない範囲で楽しんで走っていられる、という安心感は抜群です。

 車体重量が約68kgと軽量なので、クルマに積んで出かけた先でちょっとバイクを楽しむ、という使い方もできるでしょう。電動バイクなのでもちろん排気音や排気ガスは無く、音やにおいに気をもむことがないのも嬉しいところです。

車体に直接アダプターをつないで充電することもできる。充電時間はおよそ7時間半

「MINO」が積むリチウムイオンバッテリーは、定格容量1860Wh(60V/31Ah)です。充電は車体に直接アダプターをつなぐか、バッテリーを取り外して家の中で充電することもできます。一般家庭が備える100Vコンセントで充電できるので、特別な工事などは不要です。

 移動だけではなく電動バイクならではの走りを楽しみたい。「MINO」は高いハードルなくそんな希望を叶えてくれるレジャーバイクだと言えそうです。

メーターにはフルデジタルディスプレイを装備。走行モードは右ハンドルのスイッチボックスで行う

 2021年6月中旬にXEAMから発売予定の「MINO」は、メーカー希望小売価格(消費税10%込み)29万9800円です。

■TROMOX「MINO」スペック
車体寸法:1500×730×935mm
シート高:680mm
車体重量:68kg(バッテリー含)
最低地上高:145mm
トランスポート:チェーンドライブ
モーター:センターモーター
バッテリー電圧:60V31Ah
システム電圧:60V
照明電圧:12V
ブレーキシステム:油圧ブレーキ
インテリジェントシステム:スマートVCUシステム
ショックアブソーバー:倒立タイプ(フロント)、モノショック(リア)
タイヤサイズ:90/90-10(フロント)、100/80-10(リア)
コントローラー:FOCベクトルコントローラー
充電時間:7.5h
バッテリー:リチウムバッテリー
バッテリーセル:18650セル
最高速度:50km/h
最大登坂角度:15°
航続距離:88km
定格出力:600W
最大出力:2500W
定格トルク:6.3N・m
定格回転速度:1800rpm

【了】

【画像】電動バイクTROMOX「MINO」詳細を見る(12枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊藤英里

モータースポーツジャーナリスト、ライター。主に二輪関連記事やレース記事を雑誌やウエブ媒体に寄稿している。小柄・ビギナーライダーに寄り添った二輪インプレッション記事を手掛けるほか、MotoGP、電動バイクレースMotoE取材に足を運ぶ。

最新記事