ホンダの最新大型クルーザー「レブル1100」を個性的に演出 メーカーから専用パーツ多数

個性的なスタイリングも特徴のホンダ最新大型クルーザー「レブル1100」には、オーナーの好みでカスタマイズを楽しめる純正アクセサリーも用意されています。

大型クルーザーの新ジャンル? カスタマイズの楽しさも用意

 ホンダの「Rebel(レブル)」シリーズは、排気量別に「レブル250」「レブル300」「レブル500」の3モデルをグローバル展開しており、2021年には最大排気量(1082cc)となる「レブル1100」が新登場しました。

ホンダ「Rebel 1100 DCT」2021年3月11日発売

 ホンダの大型アドベンチャーモデル「CRF1100Lアフリカツイン」由来の水冷4ストローク直列2気筒OHCエンジンを搭載し、先にクラッチ操作不要のDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)モデルを2021年3月11日に発売、MT(マニュアル・トランスミッション)モデルは2021年5月13日発売予定となっています。

 Vツインではないエンジン形式、ロー&ロングのスタイリング、低重心と足つき性の良いシート高など、クルーザーの新ジャンルと言える個性的な「レブル1100」には、登場と同時に専用のHonda純正アクセサリーやカスタマイズパーツが多数用意されています。その一部を見てみましょう。

ツーリングシーンに適した「ツアー・スタイル」

ホンダ「Rebel 1100 DCT」TOUR Style ※純正アクセサリー装着車

 大きなスクリーンカウルがいかにも高速道路の移動に防風効果が期待できそうな「ツアー・スタイル」では、マットブラック塗装のスチール製リアキャリアや、バリスティックナイロンを採用した防水インナーバッグも付属するサドルバッグを装着し、ツーリングシーンでの快適性をプラスしています。

 また、リアシートにはバックレスト(背もたれ)を装着し、パッセンジャーの安心感と快適性を考慮した、タンデムツーリング向けのアクセサリーも用意されています。

個性を演出する「ストリート・スタイル」

ホンダ「Rebel 1100 DCT」STREET Style ※純正アクセサリー装着車

 小さいながらも印象が変わるヘッドライトカウル、ダイヤモンドステッチが施されたブラウンのスペシャルメインシート、それにマッチするパッセンジャーシート、フロントまわりを軽快な印象とする“Rebel”ロゴ入りショートフロントフェンダーなどを装着し、大柄な車体ながらストリートが似合う個性的なスタイルを演出しています。

Honda純正のみならず、社外カスタマイズパーツも多数

ホンダ「Rebel 1100 DCT」 ※カスタマイズパーツ装着車

 Honda純正アクセサリー以外にも、デイトナやプロト、アクティブ、モリワキなど、各パーツサプライヤーからも、エアロバイザーキットやエンジンガード、レザー調のサドルバッグなど、機能パーツやドレスアップパーツが多数ラインナップしています。

「レブル1100」専用のさまざまなアクセサリーやカスタマイズパーツ群は、ホンダの公式サイトから詳細を確認できます。自分ならではのスタイルをイメージするのも、楽しみのひとつではないでしょうか。

※ ※ ※

 ホンダ「Rebel 1100 Dual Clutch Transmission」の価格(消費税10%込み)は121万円、MTモデルの「Rebel 1100」は110万円(2021年5月13日発売予定)です。

【了】

【画像】ホンダ「レブル1100」のカスタムスタイルを見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事