専用のライディングシューズって必要? どれを選ぶのが正解?

バイクの装備として靴は、後回しになりがちです。用途に合わせた靴を選ぶことで安全性やライディングテクニックの向上にもつながります。

靴を選べばライディング技術向上も望めるのか?

 バイクに乗るときの装備として、ウエアやグローブはきちんとしたものを選んでいるのに、靴はなんとなーく後回しにしがちではないですか? ハイカットシューズやスニーカー、おしゃれなブーツなど、靴には代用できそうな形が揃っているので、最初は仕方がないかもしれません。一度に全部揃えるのもコストが嵩んで大変なのもわかります。でもね、ちゃんとした靴を選ぶと、ライディングテクニックが向上する、んですよ。

ライディングシューズと普通の靴との違いは、足首、かかと、つま先のプロテクションです

 なぜならば、バイクに乗るためにだけに開発されたアイテムなだけに、安全性はもちろん、正しいライディングポジションに導いてくれたりもするので、結果、怖さが払拭されたりして、今までよりも「オレ、乗れてんじゃね?」と、調子に乗ることができるというわけなのです。

 普通の靴とライディングシューズの一番の違いは、足首、かかと、つま先のプロテクションです。くるぶしは出ているので、転倒した際にダメージを受けやすいですし、足首はひねってしまうと重要な怪我に繋がりやすい。ということで足首周辺をしっかりと守ってくれる作りになっているのが特徴です。ライディングブーツがハイカットなのは、これが理由なんですね。

とはいえ、足首がガチガチに固められているだけではないんです。シフトチェンジはしやすいように、上下には動くけど“ひねらせない”という技術が取り入れられています。各メーカーの解釈はそれぞれ、ここに特徴がでたりもするので、自分の足の形に合わせて選ぶのがいいかもしれません。他には、靴紐の巻き込みを防ぐ、足先を守る、シフトガードが付いている、ステップに乗せやすいソールの作り…などんど、バイク専用の靴には、たくさんの工夫がなされてるのですよ。ライディングシューズを選ぶ理由、おわかりいただけたでしょうか?

レーシングブーツは、スピードレンジの高いスポーツライディングや競技専用設計です

 ということで、バイク用の靴にはどんな物があるのでしょうか。ざっくり大きく分類すると、ライディングシューズとレーシングブーツの2タイプ。それぞれに走る環境によって異なる特徴を持っています。ライディングシューズは、街乗りやツーリングユースに特化した作り。レーシングブーツは言うまでもなく、スピードレンジの高いスポーツライディングや競技専用設計です。最強のプロテクションを誇る、各メーカーの最新テクノロジーの塊なのです。

ライディングシューズは、歩きやすさも考慮されています

 ライディングシューズはバイクを降りたときの歩きやすさも考慮されているのですが、レーシングブーツは歩くことはあまり考えられていません。公道を走るか、クローズドコースを走るかでも作りが大きく異なってくるのですね。それぞれ、オンロード、オフロードと走る路面の違いによっても種類が別れているのです。

 そもそも、ライディングシューズは足の怪我を防ぐために使用する装備です。足の怪我だけでは、命を落とすようなことにはならないかもしれませんが、怪我の程度によっては、一生歩けなくなってしまう…。なんてことにもなりかねません。しっかりした製品を選び、自らを守ることはライダーの義務でもありマナーでもあります。

【了】

【画像】バイクに乗る時に必要なライディングシューズ(4枚)

画像ギャラリー

最新記事