ヤマハがハイパーEV向け電動モーターユニットの試作開発受託を開始 350kW≒470馬力クラスの新型モデルを開発

ヤマハ発動機株式会社は、ハイパーEVをはじめとした高出力帯のモビリティ向けに業界最高クラスの出力密度を実現する電動モーターユニットを開発し、4月から試作開発受託を開始します。どのような製品なのでしょうか。

コンパクトな設計の最新電動モーター

 ヤマハ発動機株式会社は、2021年4月12日にハイパーEVをはじめとした高出力帯のモビリティ向けに業界最高クラスの出力密度を実現する電動モーターユニットを開発し、4月から試作開発受託を開始します。

ヤマハが開発した最新電動モーターの搭載イメージ。ハイパーEVなど高出力帯モビリティへの搭載を想定し、最大出力は350kWクラス(動作電圧800V/約470馬力)、複数ユニット搭載を想定し設計されています

 ヤマハは2020年より四輪車をはじめとする様々なモビリティに向けた電動モーター(35~200kW)の試作開発を受託してきましたが、新たに開発される電動モーターは、ハイパーEVなど高出力帯モビリティへの搭載を想定した最大出力350kWクラス(動作電圧800V/約470馬力)の高性能なユニットです。

 新型の電動モーターはギア、インバーターを一体化したコンパクトな機電一体型の電動モーターユニットで、車両へ複数ユニット搭載する用途を想定して開発されています。

ヤマハが開発した最新の電動モーター。最大出力は350kWクラス(動作電圧800V/約470馬力)、複数ユニット搭載を想定し設計されています

 試作開発受託にあたっては、モーターサイクルをはじめ幅広い製品群に柔軟に対応してきた鋳造・加工・組立を中心とした生産技術、試作設備等を活用することで、顧客要望に沿った試作モーター開発を短期間で実現します。

 なお、ヤマハは350kWクラスをはじめとする電動モーター試作品を2021年5月26日~28日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021横浜」に出展する予定です。

 どのような車両に搭載され、どれほどの性能を発揮するのか、期待が高まります。

【了】

【画像】ヤマハ最新の電動モーターを画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事