信号待ちの時、バイク乗りはニュートラルにしているのか?

免許を取って実際に二輪で路上に出ると、信号待ちでニュートラルに入れて待っているライダーをよく見かけます。信号待ちの時はニュートラルにしておくべきなのか、それとも教習所で習った通りにギアを1速に入れておいた方が安心なのか、果たしてどちらがバイクの運転において正解なのでしょうか。

信号待ちの時はニュートラルが基本なの?

 信号待ちの姿勢として、免許を取るときに教習所では「信号待ちや停車時にはギア1速に入れて、左手でクラッチレバーを握り、右足はリアブレーキを踏む」と教わります。しかし、実際に免許取得後に路上に出てみると、クラッチから手を離してニュートラルに入れた状態で信号待ちをしているライダーをよく見かけます。

クラッチから手を離してニュートラルに入れた状態で信号待ちをしているライダーを多く見かけます

 ギアを1速に入れて待つのとニュートラルにして待つ態勢、どちらが本当に正しいのか? この疑問については、実は法的に強制はないため、極論を言うなら正解は無く「どちらでもいい」ということであり、ライダー個々の状況判断で選択すべき事柄と言えます。

 そこで、その判断材料を探すため、それぞれのメリットについて確認します。ギアを1速に入れて待つメリットは、「すぐに発進できる」ということ。そして、「仮に、追突されてもエンストする場合が多い」という事が挙げられます。

クラッチを切りギアを1速に入れて待つメリットは、「すぐに発進できる」ことです

 具体的に、1速に入れて待っていれば、ニュートラルで待機して信号が青になってもギアがうまく入らなくて焦ることも無い。仮に停車中に追突された場合、クラッチから手が離れ、当たり前にエンストするという形になります。

逆に、信号待ちでニュートラルにしておくメリットは、「手が休められる」というだけでなく、「クラッチを痛めにくい」という事もありそうです。バイクで長距離運転をするときは、クラッチを握ったまま信号で待つと、左手が疲れて運転の疲労感も増し、信号待ちのたびにクラッチを酷使することで、クラッチディスクの寿命を縮める恐れも出てきます。

 このような状態を避けるためにも、信号待ちでニュートラルを活用できれば、ライダーの疲労感を和らげるだけでなく、バイクのクラッチの消耗を防ぐというメリットがあるのです。

 バイクの信号待ちでは、ギアを入れておかねばならない、ニュートラルに入れておかねばならない、という決まりや規制はありません。状況に合わせて使い分けられることによって、それぞれのメリットを活かせるということになり、極端に短い停車時間を除けば、信号待ちでスムーズにニュートラルを選ぶ操作ができることに損は無いといえます。

ニュートラルをスムーズに出すコツとは?

 まず、基本的なニュートラルの出し方として「1速から2速にあげる途中で止める」下から上へのやり方か、「2速から1速へ落とす途中で止める」上から下へ降ろす過程で入れる操作となりますが、バイクによって多少感覚が変わるので、止まった状態で何度も練習して感触を掴んでおくと、実際の走行でもスムーズに行えるようになります。

バイクが停止位置に近づいたら「完全停止前に入れる」とニュートラルに入りやすくなります

 公道を走行中に、スムーズにニュートラルを出すコツとしては、「1速ごとに段階的にシフトダウンする習慣」を身に付けることでしょう。上のギアから一気に低速ギアへシフトダウンせず、停止したい位置の手前から丁寧に落としていき、バイクが停止位置に近くなったら「完全停止前に入れる」とニュートラルに入りやすくなります。

 バイクが完全に停車する直前を狙って、気持ち「半クラッチ」の状態で2速から1速に落とす操作法はスムーズですが、それでも入りにくいときには、シフトチェンジの際に「アクセルを少し煽る」とギアがニュートラルに入りやすくなります。間に合わずに完全にバイクが停止したあとでも、クラッチを握って1速から2速にあげる状態の「足の甲を少し上げた状態」で固定し、車体を前後に動かすとニュートラルに入りやすくなるという方法もあります。

 バイクのスムーズなニュートラルへの操作は、完全に停止する前に行うことが、重要なポイントといえそうです。半クラッチやアクセル操作も絡めるとより簡単に入ることもありますが、「停車寸前に操作するのはまだまだ不安だ」という人は、車体を前後に動かす方法以外にも「エンジンを切った状態」で操作すると入りやすくなります。

シフトレバー操作がやたら重く感じる時は、メンテナンスが必要な場合があります

 シフトレバー操作がやたら重く感じるなど「物理的に入りにくさを感じる」ときには、シフトレバーの付け根への注油処理や、クラッチワイヤーがしっかりとレバーに連動して引けているか? また、油圧式の場合はクラッチオイルの状態もよくチェックしてください。

 また、バイクのシフトチェンジ不具合は、エンジンオイルの劣化が原因の場合もあり、オイルを交換することでスムーズなシフトチェンジへ復帰する効果も期待できます。

 信号待ちのときに、スムーズにニュートラルへ入れるためにも、まずはバイクの整備状態をよく確認しておき、停車状態で自分のバイクのクセをよく掴んでおきましょう。

※ ※ ※

 信号待ちでスムーズにニュートラルに入れることができるようになると、次はスムーズな発進も行えるように訓練しておくと良いでしょう。停車直前のニュートラルへの操作と、交通の流れの妨げにならないスムーズな発進のワンセットをマスターできれば、よりバイクでの移動が快適に行えます。

 余裕を持った安定感のある安全なライディング実現のために、この2点について普段から意識して、しっかりと練習しておきましょう。

【了】

【画像】信号待ち時の心構え(5枚)

画像ギャラリー

最新記事