最強じゃないかロングストローク空冷シングル! もうホンダGB350しか勝たん!!

カワサキW1やハーレーを愛車にし、テイスティ路線のバイクには人一倍うるさい青木タカオが、話題の単気筒モデル「GB350」に試乗。新型ゆえにメッタ斬りの辛口酷評もあり得ると覚悟していたが……。

ノンビリ走るだけで夢心地、飛ばす気になれない!

 右手のスロットル操作にほどよく応え、駆動輪が力強く路面を蹴飛ばしていく。全身に伝わる柔らかく丸い鼓動、そしてヘルメット越しに聴こえる歯切れの良い排気音が感性に訴えかけてくる。アクセルを開け閉めしているだけで、もうニンマリ頬が緩む。結論から言ってしまうと、期待以上! 言うことなしです!!

晴天の南房総で話題の単気筒モデル「GB350」に青木タカオさんが試乗

 報道向け試乗会がおこなわれたのは、晴天の南房総。暖かい日差しが心地よく、水面が眩しい海沿いの道は、オートバイで走ると気持ちのいい起伏とコーナーが続いています。

 シーソーペダルのカカト側を踏み込んで、早めにシフトアップ。ドタタタタっと流せば、それだけでもう夢心地。のんびり走って、ロングストローク単気筒ならではのサウンドやパルス感を味わっているだけで楽しいのです。

SRより大きい、ナナハン並みの車格

 結論を早く伝えたくて、冒頭から駆け足となってしまいました。待望だったホンダGB350の試乗。実車を目の当たりにしてすぐ感じたのは、車体が大きく一昔前のナナハンみたいに堂々としていること。同じ空冷シングル、排気量帯のヤマハSR400と比較されることが多くなっていますが、ひと回り大きな印象です。

一昔前のナナハンのような威風堂々としたスタイリングのホンダ「GB350」

■ホンダGB350
全長2180×全幅800×全高1105mm、ホイールベース1440mm、車体重量180kg、シート高800mm

■ホンダGB350S
全長2175×全幅800×全高1100mm、ホイールベース1440mm、車体重量178kg、シート高800mm

■ヤマハSR400
全長2085×全幅750×全高1100mm、ホイールベース1410mm、車体重量175kg、シート高790mm

サスペンションは少し硬めのセッティングが施されおり、身長175cmの筆者(青木タカオ)が跨ったときには若干カカトが浮く感じになります

 シート高は800mmで、サスペンションには腰のある少し硬めのセッティングが施されています。初期荷重での沈み込みも少なめで、身長175cmの筆者(青木タカオ)が跨って両足を地面に下ろすと、若干カカトが浮く感じに。大きめの車体も重量はSR400より5kg増しに抑えられ、取り回しに苦労することはなさそうです。

 左右に張り出した燃料タンクもボリューム感があって、存在感のある車体を際立たせています。容量は長距離ツーリングにも対応するよう15リットルを確保。丸みを帯びたカーブとエッジが折り重なって、どことなく温かみのある表情を見せているから、思わず手で撫でたくなるのでした。

息の長い加速が味わえるトップ5速

 エンジンをスタートすると、アイドリングからドコドコとハスキーサウンドを奏で、暖まるにつれ回転数が低く落ち着いていきます。アクセルを捻ると重いフライホイールが反応良く回り、走行前からパンチ力があるエンジンであることがわかるのでした。

どんなに乗っていても飽きない車体やエンジンの仕上がりに大満足

 クラッチミートに気を使うことなく、滑らかに車体が動き出します。一般道のペースで、エンジンの旨味成分タップリなところが使え、どんなに乗っていても飽きません。タコメーターがないのでエンジン回転数は確かめられませんが、最大トルク3.0kg-mを3000rpmで発揮。常用回転域でのトルクが重視されています。

 パルス感が強調され、アクセルを開けた時のダイレクトなヒット感がたまりません。ドコドコと歯切れよく身体に伝わる鼓動やサウンドが、高回転域でも連続音にならないのも嬉しいかぎり。キビキビ走れる4速までのギヤレシオに対し、トップ5速は30km/hから高速巡航まで使えるほどにロングに振られています。

カカトでシフトアップし、ツマ先でシフトダウンするシーソー式シフトチェンジペダルを装備

 この5速ギヤの設定が秀逸で、まるで大排気量クルーザーのような余裕、ゆとりを感じるではありませんか。質量の大きなフライホイールによって低い回転域からトルクを絞り出して、息の長い加速が味わえるのです。

 また、カカトでシフトアップし、ツマ先でシフトダウンするシーソー式シフトチェンジペダルは、いずれも靴の裏だけがペダルと接し、靴を傷めたり汚したりしません。GB350のゆったりとしたエンジンフィーリングにマッチするもので、筆者がたいへん気に入ったことも付け加えておきましょう。

安心感もたらす穏やかなハンドリング

 フロント19インチと長めのホイールベース、しなやかさのある鋼管スチール製フレームによって、ハンドリングは穏やかで落ち着いたもの。手応えを感じながらの腰を据えたハンドル操作は、切れ込む心配がなく、コーナリングも安心感があります。

手応えを感じながらの腰を据えたハンドル操作は、切れ込む心配がなく、コーナリングも安心感あり

 ビッグバイク然としたインナーチューブ径41mmの正立式フロントフォークや、窒素ガス加圧封入式のツインショックは、前後とも120mmのストローク量を確保。またがった時に硬く感じたものの、走り出すとしなやかに動き、路面をしっかりと追従。エンジンに不快な微振動がないことも伴って、快適な乗り心地を獲得しています。

 前輪ブレーキはシングルディスク仕様ですが、310mmもの大径ローターがセットされ、効きやタッチに不満はありません。前後独立制御のABSを標準装備しますが、Y字14本スポークホイールの軽快なルックスを妨げないよう、ABSのパルサーリングを最小化した配慮も見逃せません。

素晴らしき最高出力20PS!

 想像以上、見た目以上にシングルモデルとしての味わい深さ、雰囲気を持っていたGB350には、もう両手放しで喜ぶばかりです。最高出力はたったの20PSですが、オートバイの魅力はスペックではないことをホンダは改めて証明しました。もう発売されないと諦めていた、五感を刺激する昔ながらのオートバイ。ついに登場です!

【了】

【画像】ホンダ「GB350」の詳細を画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 青木タカオ(モーターサイクルジャーナリスト)

バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。自らのモトクロスレース活動や、多くの専門誌への試乗インプレッション寄稿で得た経験をもとにした独自の視点とともに、ビギナーの目線に絶えず立ち返ってわかりやすく解説。休日にバイクを楽しむ等身大のライダーそのものの感覚が幅広く支持され、現在多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク技術関連著書もある。

最新記事