世界も滅んだし、電動セローで旅に出よう! 終末世界×バイク旅コミック『終末ツーリング』第1巻発売

2人の少女がタンデムで誰もいない朽ち果てた世界をのんびり駆けるバイク旅コミック『終末ツーリング』第1巻が2021年4月26日に発売されます。

少女二人が電動セローで終末世界へ旅に出る

 コミック『終末ツーリング』(著:さいとー栄)の第1巻が2021年4月26日に発売になります。2人の少女が電動バイクに改造されたセロー225に乗って、誰もいない朽ち果てた世界をのんびり駆けるバイク旅コミックです。

終末ツーリング第1話は箱根ターンパイクからスタートします

 コミック『終末ツーリング』は、終末を迎えた世界をバイクでツーリングし、名所を走る1台の電動セロー225。2人の少女がタンデムでバイク旅を楽しんでいるように見えるが、周囲の景観はひどく荒れ果てています。誰もいない終末世界を2人の少女がバイクでトコトコと駆け回る異色のツーリングコミックです。終末世界を反映して電動仕様に改造されているセローに乗り、第1巻では箱根から横浜・横須賀、環八、ゆりかもめ を渡って有明などを巡ります。食料を調達したり、空き家を探索したり、バッテリーを充電したり、時には温泉につかりつつ、終末世界のバイク旅は続きます。

終末世界×バイク旅コミック『終末ツーリング』第1巻

 KADOKAWA 電撃マオウ編集部の浅川さんに『終末ツーリング』の見どころなどについてお聞きしました。

「2人の少女が終末世界をセローでトコトコと旅する様子をノンビリお楽しみいただくのがメインの見どころとなります。

 バイクの視点でいくと、さいとー栄さんが実際にバイク乗りなので、バイクの作画がシンプルにうまいです! バイクを緻密に描くだけでなく、マンガのキャラクターが乗車しているところをバランスよく描くのは難しいのですが、そこがとても上手なのでバイク好きの方は気持ちよく読めると思います!

第2話では廃墟となった横浜ベイブリッジへ

■第1巻内容紹介

 冒頭はツーリングの名所箱根ターンパイクからスタート! 廃墟になった大観山のドライブインで食料を探索します。第2話では横浜ベイブリッジへ。第4話では海面上昇のためゆりかもめを使って台場に向かいます。世界が滅んでも、道路がガレキだらけでも、バイクならどこまでも行ける――。

※ ※ ※

 終末世界をセローで気ままに旅をする一風変わった旅マンガになっているのでバイク乗りの方にも、旅好きの方にも、終末好きの方にも、楽しむことができる1冊です。

書名:『終末ツーリング』月刊コミック誌「電撃マオウ」で連載中
著者:さいとー栄
第1巻発売日:2021年4月26日(電子書籍も同日発売)
定価:670円+税
発行:KADOKAWA

【了】

【画像】終末世界×バイク旅コミック『終末ツーリング』の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事