CFMOTO「800MT」公開 KTM製エンジン搭載の最新アドベンチャー登場

全地形対応車であるATVやバイクを製造、販売する「CFMOTO」は、最新のアドベンチャーモデル「800MT」を上海モーターショーで公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

KTM 製パラレルツイン搭載の最新モデル

 全地形対応車であるATVやバイクを製造、販売する「CFMOTO」は、最新のアドベンチャーモデル「800MT」を上海モーターショーで公開しました。

KTM製エンジンを搭載するCFMOTOの最新アドベンチャーモデル「800MT」

 2011年にはオーストリアのバイクブランド「KTM」と提携を果たしているCFMOTOは、中国に拠点を置くブランドで、現在は排気量125ccから700ccまでのネイキッドモデルやアドベンチャーモデルを展開しています。

 新たに公開された800MTは、先代のKTM 790 Dukeと790 Adventureに搭載されていた799cc・LC8cパラレルツインエンジン(最高出力はKTMより1馬力低い94PS、最大トルクは8lb-ft低い57lb-ftに設定)を独自のフレームに搭載したモデルで、サスペンションにはKYB、ブレーキにはJ.Juanといったスペックの高いキットを採用しています。

 また、コーナリングABS、トラクションコントロール、ライドバイワイヤースロットル、ライディングモードなど最新の電子制御を採用することで、安全性と操作性の向上も図られています。

 そのほか、800MTではアルミ鍛造ホイールを採用した標準モデルのほか、スポークホイール、スキッドプレートなどを採用したダート仕様も用意されています。

 現状、CFMOTO「800MT」の価格などについては公開されていませんが、市販モデルがどのような姿で登場するのか期待が掛かります。

【了】

【画像】KTM製エンジン搭載のCFMOTO「800MT」の画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事