昭和の時代、働く自転車と言えばこのカタチだった 「マルキン自転車」の現代版「ニューマルキン号」

総合自転車メーカー「ホダカ株式会社」は、1932年に誕生した「マルキン自転車」を現代版に復刻し、「ニューマルキン号」を100台限定で発売いたしました。

温故知新! 逆に新しい、働く自転車

 昭和の時代、自転車は実用車と呼ばれて荷物を配達したり、運搬する道具として大いに活躍しました。現在でもその名残を強く残しているのが、いわゆる“ママチャリ”でしょう。運搬能力が高い設計で、重たい荷物を積んでもハンドル操作が鈍らないように設計されています。

マルキン自転車「ニューマルキン号」

 1932年に誕生し、90年の歴史をもつ「マルキン自転車」は、古き良き昭和の時代を思い起こさせる、実用車の「ニューマルキン号」を100台限定でリリースしました。

 マルキン自転車は「丸金自転車工業株式会社」が製造・販売し、堅牢な作りで定評がありました。1977年に池袋の本社工場が全焼した影響で廃業となり、現在はホダカ株式会社が伝統を受け継ぎ、自転車事業を再生しています。日本の優れた自転車製造技術と伝統が今でも受け継がれているのです。

 この「ニューマルキン号」はレトロでオーセンティックなスタイルですが、現代自転車のテクノロジーをふんだんに取り入れているのが特徴となっています。

 辺りが暗くなったら自動で点灯するLEDオートライトや、キーキー音が鳴らないローラーブレーキ、すり減りに強い耐摩耗タイヤなどを盛り込むことで使い勝手のよい自転車に仕上げられています。

前輪の泥除けにはマルキン自転車の歴史を象徴する装飾

 台数限定で製造された「ニューマルキン号」のメーカー在庫はすでに完売しており、店頭在庫のみとなっています。価格(消費税10%込み)は8万8000円です。

■製品仕様
製品名:ニューマルキン号
価格(消費税10%込み):8万8000円
適応身長:168cm以上
サドル最低地上高:91cm
カラー:ブラック
タイヤサイズ:26×1-3/8インチ
ステンレス採用部品:スポーク、リム、泥除けステー、ハンドルバー
自転車安全基準:BAA適合
その他オプション:3年盗難補償
取扱店舗:全国の自転車専門店、大手ホームセンター、家電量販店

【了】

【画像】働く自転車の復刻版「ニューマルキン号」を見る(11枚)

画像ギャラリー

Writer: 山本健一

サイクルジャーナリスト(人力バイクのほう)。ジャーナリスト歴20年、自転車競技歴25年の公私ともに自転車漬け生活を送る。新作バイクレビューアー、国内外レースイベントやショーの取材、イベントディレクターなど、活動は多岐にわたる。

最新記事