電動ミニバイクから4ストフルサイズまで KTMのモトクロスおよびクロスカントリーモデル 国内向け2022年モデルラインナップ発表

KTM Japan株式会社は、2022年モデルラインナップとして日本で発売予定のモトクロスモデルおよびクロスカントリーモデルを発表しました。2021年8月より順次発売予定です。

ジュニア向け電動モトクロッサーもラインナップ

 KTM Japan株式会社は、2022年モデルラインナップとして日本で発売予定のモトクロスモデルおよびクロスカントリーモデルの計11機種を発表しました。2021年8月より順次発売されます。

KTMのクロスカントリーモデル「300 XC TPI」(2022年型)2ストロークモデル

 モトクロスモデルの「SX」(フルサイズ)とクロスカントリーモデルの「XC」は常にレースからの知識と経験がフィードバックされており、2022年型ではレーシングオレンジのフレーム、ブルーのシート、そして新たなグラフィックを採用し、ファクトリーマシンとの密接な関係を視覚的にも強調しています。

 モトクロスモデルではフルサイズが3機種と、スポーツミニサイクルが3機種、うち電動モデルが1機種ラインナップします。

 国内向けに販売される計11機種のうち、搭載されるパワーユニットは2ストロークエンジンと4ストロークエンジン、そして電気モーターとなっています。

 2ストロークエンジンを搭載するモデルは、モトクロスモデルの「125 SX」、スポーツミニサイクルの「65 SX」と「85 SX 19/16」、クロスカントリーモデルの「250 XC TPI」と「300 XC TPI」の計5機種。4ストロークエンジンを搭載するモデルはモトクロスモデルの「250 SX-F」と「450 SX-F」、クロスカントリーモデルの「250 XC-F」、「350 XC-F」、「450 XC-F」の計5機種。そして電動バイクの「SX-E 5」となっています。

KTMのモトクロスモデル「450 SX-F」(2022年型)4ストロークモデル

 気になる価格(消費税10%込み)と発売予定時期、主要諸元はそれぞれ次の通り。全て競技専用車輌です。

■モトクロスモデル(フルサイズ)

「125 SX」
価格:100万5000円(2021年8月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:124.8cc
始動方式:キック
タイヤサイズ(F):80/100-21
タイヤサイズ(R):100/90-19
車両重量(半乾燥):87.5kg

「250 SX-F」
価格:117万8000円(2021年8月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:249.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):80/100-21
タイヤサイズ(R):100/90-19
車両重量(半乾燥):99kg

「450 SX-F」
価格:129万円(2021年8月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークSOHC単気筒
総排気量:449.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):80/100-21
タイヤサイズ(R):100/90-19
車両重量(半乾燥):100kg

■モトクロスモデル(スポーツミニサイクル)

「SX-E 5」
価格:70万円(2021年9月発売予定)
電動モーター:48 V外側ローター付BLDCモーター
定格出力:2kW/3200rpm
最大出力:5kW/3900rpm
トルク:13.8Nm
バッテリー容量:21Ah
タイヤサイズ(F):60/100-12
タイヤサイズ(R):2.75-10
車両重量(半乾燥):40.5kg

「65 SX」
価格:59万円(2021年10月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:64.9cc
始動方式:キック
タイヤサイズ(F):60/100-14
タイヤサイズ(R):80/100-12
車両重量(半乾燥):53kg

「85 SX 19/16」
価格:72万5000円(2021年9月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:84.9cc
始動方式:キック
タイヤサイズ(F):70/100-19
タイヤサイズ(R):90/100-16
車両重量(半乾燥):68kg

■クロスカントリーモデル

「250 XC TPI」
価格:115万円(2022年2月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:249cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):110/100-18
車両重量(半乾燥):101.3kg

「300 XC TPI」
価格:128万円(2021年8月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:293.2cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):110/100-18
車両重量(半乾燥):101.3kg

「250 XC-F」
価格:123万5000円(2021年8月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:249.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):110/100-18
車両重量(半乾燥):100kg

「350 XC-F」
価格:136万円(2022年2月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークDOHC単気筒
総排気量:349.7cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):110/100-18
車両重量(半乾燥):100.5kg

「450 XC-F」
価格:145万円(2021年8月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストロークSOHC単気筒
総排気量:449.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):110/100-18
車両重量(半乾燥):101kg

※保証期間は1カ月です。
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります。

【了】

【画像】KTMのモトクロス&クロスカントリー、国内向け2022年ラインナップを見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事