ヤマハ新型「MT-09」「MT-09 SP」 洗練された3気筒マシンにスポーツマインドが満たされる!?

2021年型でフルモデルチェンジとなった、水冷直列3気筒エンジンを搭載するヤマハ「MT-09」と「MT-09 SP」のスポーツ性能を、サーキット試乗で体感しました。

先代モデルからすべてを刷新、洗練されたヤマハの3気筒マシンは満足度高し!

 ヤマハのロードスポーツ「MT-09」と「MT-09 SP」が2021年型でフルモデルチェンジを受け、発売間近になりました。従来モデルより4kg軽くなり、俊敏性と安定性がバランスした走りをサーキットで体感。その試乗記をお届けしましょう。

ヤマハ「MT-09 SP」(2021年型)に試乗する筆者(伊丹孝裕)

 新型のグレードは2種類あり、スタンダードモデルが「MT-09」、上位モデルが「MT-09 SP」という位置づけです。この構成自体は以前と同様ながら、エンジンもフレームも足まわりも刷新され、踏襲されたパーツはほとんどありません。

 まず、エンジンはストロークを伸ばすことによって845ccだった排気量が888ccに拡大され、最高出力も116PSから120PSへアップ。その搭載角度も少し起き、前後の重量配分が最適化されています。

 フレームはもともと薄く、シンプルな構造だったものをさらに追及しているのが新型のこだわりです。3.5mmだった最薄部分の肉厚は驚異の1.7mmになり、フレームとスイングアームとの合算で2.3kgの軽量化を達成。また、ヘッドパイプの位置が30mm下がったり、スイングアームの締結方法がまったく異なるなど、従来型とはなにひとつ共通部分がありません。

 そしてもうひとつ、一見すると見過ごしそうなポイントですが、ホイールは製造方法から見直され、鋳造ながら鍛造に近い強さと粘りを実現。重量は前後で700g軽くなり、軽快なハンドリングに貢献しています。

2021年型でフルモデルチェンジとなったヤマハ新型「MT-09」(左)と「MT-09 SP」(右)

 さて、ここまではスタンダードモデルとSPモデルに共通する部分ですが、最も大きな違いが足まわり、つまりサスペンションに見られます。SPのフロントフォークには専用セッティングのKYB製倒立フォークが採用され、インナーチューブには摺動性がよくなるDLCコーティングを施工。リアショックは油圧式のプリロード調整を備えるオーリンズ製に換装され、絶対的な性能と同時に、質感も大きくグレードアップしているのです。

 というわけで、まずはスタンダードモデルの「MT-09」に乗りました。すぐに体感できるのは、車体全体の動きが抑制され、適度に落ち着いているところです。従来モデルはヘッドパイプの位置が高かったことに加えて、サスペンションのストローク量もたっぷり確保されていました。そのため、コーナー進入時のブレーキングではフロントフォークが大きく沈み、リアタイヤは今にもスライドしそうな挙動を覗かせたかと思えば、立ち上がりでは簡単にフロントタイヤを持ち上げるスロットルレスポンスを披露。そういうやんちゃな味つけに独特の刺激があったのです。

ヤマハ「MT-09」(2021年型)に試乗する筆者(伊丹孝裕)

 2013年に登場した初代モデルと比べると、徐々にマイルドになってきたものの、この新型は一段と洗練され、ハンドリングもエンジンもコントローラブルなものになっています。各部の軽量化のおかげで入力に対する反応はキビキビ感が増しながらも軽薄さがなく、急激なブレーキングや素早いリーンでも車体は安定。剛性が増していることが体感できました。

 スタンダードモデル単体なら、その完成度は充分満足のいくものです。しかしながら、やはりSPの存在には意味がありました。サスペンションが縮む時も伸びる時も明らかに動きが滑らかで、なによりフルバンク時のライントレース性が格段に向上。スタンダードモデルならタイヤの接地感が希薄になるような領域でもひと踏ん張りし、タイヤのグリップ力を最大限引き出してくれる路面追従性が好印象でした。

 両グレードには16万5000円の価格差があり、それは決して少なくありません。とはいえ、ワンランク上のしなやかさが手に入ることに加えて、クルーズコントロールが標準装備されるなど(後付けはできない)、メリットの大きさは確実。少しでも考慮の余地があるなら、SPを強くおすすめします。

ヤマハ「MT-09 SP」(2021年型)には専用のKYB製倒立式フロントサスペンションとオーリンズ製リアサスペンションを標準装備

 ここまで「落ち着き」、「マイルド」、「安定」という言葉を使って評価してきましたが、言い換えると「つまらなくなったということ?」と思うかもしれません。1から4まで4段階あるスロットルレスポンスを穏やかな方へセットすると、確かにどんどん優しいキャラクターになるものの、最も鋭い「1」を選択した時のアグレッシブさは顕在です。新しく搭載されたIMUのおかげで、タイヤのリフト量こそ制御されていますが(不要ならOFFにすることも可能)、スロットルを少し開けただけでトルクとパワーが湧き出てくるダイレクト感は、ヤマハの3気筒ならではの個性としてしっかり受け継がれています。

 また、そうやって高いスポーツ性を楽しもうとした時、操作をサポートしてくれるデバイスがクイックシフターです。2021年型からシフトアップだけでなくシフトダウンにも対応するようになり、その作動はスムーズかつ確実なもの。ヤマハはダウン側の採用に慎重なメーカーでしたが、満を持して投入してきただけに、高い精度を誇っています。

 軽量コンパクトなロードスポーツとして大きく進化したこのモデルは、ライダーのスポーツマインドを満足させてくれるに違いありません。

※ ※ ※

 ヤマハの新型「MT-09 SP」の発売日は2021年7月28日、価格(消費税10%込み)は126万5000円、「MT-09」は2021年8月26日、110万円(消費税10%込み)がそれぞれ予定されています。いずれもABS標準装備車です。

【了】

【画像】ヤマハ新型「MT-09」と「MT-09 SP」の詳細を見る(19枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事