大ヒットゲームを映画化! 台湾暗黒史青春ホラー『返校 言葉が消えた日』

台湾人が忘れてはならない負の歴史をストーリーに取り入れるという大胆な発想で大ヒットとなったホラーゲームを映画化した『返校 言葉が消えた日』が2021年7月30日(金)より全国で公開中です。

台湾暗黒時代の哀しく残酷な青春

 2019年度台湾映画ナンバーワンヒット、第56回金馬奨12部門ノミネート、最優秀新人監督賞を含む最多5部門受賞……という偉業を成し遂げた映画『返校 言葉が消えた日』は、同国のクリエイターによる世界的大ヒットゲームの実写映画化作品です。

『返校 言葉が消えた日』(c) 1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

 物語の舞台は1962年、独裁政権のもと国民のあらゆる自由が制限されていた台湾。ある高校で政府が禁止する本を密かに読む読書会が開かれていましたが、国家の手によって凄惨な迫害事件が起きてしまいます。そしてその陰には、哀しい密告者の存在があり……。

 台湾人が忘れてはならない負の歴史をストーリーに取り入れるという大胆な発想で大ヒットとなったホラーゲーム「返校 -Detention-」をベースに、迫害事件の謎解きと、青春を奪われた若者たちの切ないドラマが交錯する本作。悪夢のような光景が次々と待ち受ける校内で、消えた同級生と先生を探すファン・レイシン(ワン・ジン)とウェイ・ジョンティン(ツォン・ジンファ)は、政府による暴力的な迫害事件と、その原因を作った密告者の哀しくも恐ろしい真相に近づいていきます。

『返校 言葉が消えた日』(c) 1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

 自由であることが罪とされた暗黒時代、その影響をもっとも受けたであろう若者たちが紡ぐ哀しく残酷な青春ゲーム/ドラマを、プレイしてから観るか、観てからプレイするか? その深いメッセージ性が2020年1月の台湾総統選挙にも影響を与えたと言われる、まさに社会現象と呼ぶにふさわしい『返校 言葉が消えた日』は、2021年7月30日(金) TOHOシネマズシャンテほかで公開中です。

【画像】『返校 言葉が消えた日』の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事