BMWの電動グランクーペ「i4 M50」 電動バイクの世界選手権FIM Enel MotoE ワールド・カップのセーフティ・カーに

BMWのモータースポーツ関連子会社であり高性能車を製造する「BMW M」社は、電動バイクの世界選手権FIM Enel MotoE ワールド・カップの新しいセーフティ・カーとして導入する電動グランクーペ「i4 M50」を公開しました。どのような意図があるのでしょうか。

MotoEのセーフティーカーが電動化

 BMWのモータースポーツ関連子会社であり高性能車を製造する「BMW M」社は、電動バイクの世界選手権FIM Enel MotoE ワールド・カップの新しいセーフティ・カーとして導入する電動グランクーペ「i4 M50」を公開しました。

FIM Enel MotoE ワールド・カップのセーフティ・カーとして導入されるる電動グランクーペ「BMW i4 M50」

 エネルジカ社製の電動バイクのみで行われるFIM Enel MotoE ワールド・カップは、MotoGP世界選手権の一部として2019年にスタートしたシリーズで、アジア人初として大久保光選手も参戦しています。

 現在、MotoEではセーフティ・カーとしてハイブリッドカーのBMW「i8」を使用していますが、その代わりとして導入される電動モデル初のi4 M50は、フロントとリアの両アクスルに電気モーターを搭載し、合計400kW/544psを発生させ、M専用のシャシー・テクノロジーを採用することで、魅惑的なドライビング・ダイナミクスを実現したモデルです。

 今回の発表に際し、BMW M社のCEOであるマルクス・フラシュ氏は次のようにコメントしています。

「BMW i4 M50によって、私たちは新しい時代に突入し、完全に電気駆動のドライブトレインを搭載した初のMを発表しました。

 この最初のM で、私たちは未来への道筋をつけています。非常にスポーティなパフォーマンス・ビークルと電動化の組み合わせは、エキサイティングなテーマとなります。私たちは、スポーツ性、パワー、ダイナミクスを備えた典型的なエモーショナルなMのドライビング・エクスペリエンスという、人々がMに価値を見出してきたすべてのものが、完全な電気自動車でも可能であることを示しています。

4ドアのグランクーペの市販バージョンは秋に発売されますが、ファンの皆様にはこの夏、レース場でそのワールドプレミアをお楽しみいただけます。MotoEのセーフティカーとして、完全に電気で動き純粋なパフォーマンスを持つBMW i4 M50ほどふさわしいものはありません。私たちは、スピルバーグでの初公開を楽しみにしています」。

※ ※ ※

 FIM Enel MotoE ワールド・カップ第5戦オーストリアGPは、8月15日にレッドブル・リンクで開催予定です。

【了】

【画像】MotoEのセーフティ・カーとして導入されるる電動グランクーペ「BMW i4 M50」の画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事