排気量150ccのバイクを選ぶメリットやデメリットとは?

近年、人気が高まっている150ccのバイク。他の排気量のバイクに比べるとあまり馴染みがないかもしれません。150ccのバイクを選ぶメリットとは一体どういったものがあるのでしょうか。

150ccバイクのメリットとは

 排気量150ccのバイクは、普通自動二輪車免許を所持していれば乗ることができます。最大の特徴は、125ccクラスと同等に扱うことができる点でしょう。

150ccスクーターのホンダ「ADV150」

 国内で販売されている150ccのスクーターは、125ccのスクーターと共通設計で作られているケースが比較的多く、サイズと車重が125ccと同じ場合、力不足に感じるシーンでも排気量が多い分、力不足を感じることなく活躍してくれるでしょう。これは、タンデム走行の場合でも同様のことが言えます。

 一般的な250ccのスクーターの車重は、約180kgと言われています。対して150ccのスクーターは約130kgと、およそ50kgの差があるのです。車重が軽い分取り扱いやすくなり、ライダーの負担軽減につながります。加えて、発進時の加速が軽快になり、キビキビと走ってくれます。

 そういった特性上、ストップアンドゴーが多い市街地や、渋滞が発生しやすい道路を走る機会が多い方、通勤通学に使用する方に150ccのバイクは最適だと言えます。

 また、150ccという排気量であるため、高速自動車国道や自動車専用道路での走行も可能です。高速道路を使用することで、目的地まで移動時間を短縮することが可能になります。例えばツーリングの時に、出社・帰宅ラッシュにつかまってしまう場合もあるでしょう。150ccであれば、そんな場合でも高速道路を走行して移動時間を短縮し、より快適なライディングを楽しむことができるのです。

スズキ「GIXXER 150」

 車両価格においても、250ccのバイクと比べると安い傾向があります。150ccのバイクにお好みのパーツやオプション装備をつけた場合でも、250ccバイクを購入するより価格を安く抑えることができるかもしれません。さらに、250ccのバイクより排気量が少ない分、燃費が高く、ランニングコストも安く抑えることができます。

 すでに大型バイクをお持ちの方にとって、150ccのバイクはセカンドバイクとして相性が良い可能性があります。渋滞の多い道や近距離ツーリングなど、大型バイクはその排気量や重量の特性上、気軽に乗り辛いシーンがあるかもしれません。そういった場合に150ccのバイクを使えば、より気軽にツーリングを楽しむことができるでしょう。

デメリットってあるの?

 ここまで150ccのバイクを選ぶメリットについてお伝えしてきましたが、デメリットについても何点か挙げられます。

 まず、排気量150ccのバイクに乗るためには、普通自動二輪車免許を所持している必要があります。もし小型限定の資格しか持っていない場合は、普通自動二輪車免許に限定解除をする必要があります。

 また、自動車をお持ちの方が125cc以下のバイクを利用されると、「ファミリーバイク特約」という保険に加入することができます。しかし、「ファミリーバイク特約」は125cc以下が対象のため、150ccのバイクだと「ファミリーバイク特約」に加入することはできません。

ベスパ「Primavera S 150」

 さらに、150ccのバイクは高速道路を走行することは可能ですが、250ccに比べると排気量が小さい分出力も少なく、追い越しや流れが速い区間では力不足を感じるかもしれません。車重も軽いため、高速道路上で吹く風や、トラックが追い越しする際に発生する突風など、周囲の影響を受けやすくなる傾向があります。

 近年人気が高まりつつあるものの、150ccという排気量はどうしても中途半端に見られがちです。同じく車検が不要な250ccクラスのバイクの方が、一般的で人気があるといえるでしょう。需要や人気の観点から、各メーカーとしてもまだまだラインナップが少ないのが現状なのです。

※ ※ ※

 150ccのバイクは、125ccクラスと同等のサイズと車重を誇り、かつ125ccでは走ることができない高速道路も走ることができるという非常に使い勝手の良いバイクといえます。軽くて扱いやすく、価格も250ccのバイクに比べて抑えることも可能なので、セカンドバイクとしても活躍してくれるでしょう。

 一方で、「ファミリーバイク特約」に加入することができなかったり、高速道路走行に対して少々不安があったりと、150ccだからこそ発生する問題もあります。各メーカーも150ccのスクーターやネイキッドを販売していますが、まだまだラインナップが充実しているとは言い難いです。しかし、そういったネガティブな側面を補えるほど、150ccのバイクには魅力があるといえるでしょう。日々の通勤通学から休日のツーリング、セカンドバイクとして、150ccのバイクは様々なシーンで活躍してくれるバイクといえるのではないでしょうか。

【了】

【画像】排気量150ccのバイクをもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事