クルーザーはエモさで勝負! 目指すは世界一、BMWがドイツ・フランクフルトで新型クルーザー発表!!【R18B/トランスコンチネンタル】

ドイツ・フランクフルトにて開催されたBMW Motorrad 『R18B(アール・エイティーン・ビー)』と『R18 Transcontinental(アール・エイティーン・トランスコンチネンタル)』のメディア向け発表/試乗会に、バイクジャーナリストの青木タカオさんが参加。まずは発表会の模様を速報でお届けいたしましょう。

クルーザーセグメントに本腰!

 BMW Motorrad代表マルクス・シュラム上級副社長は「プレミアムモーターサイクル市場で、世界ナンバーワンを目指す」と、世界各国から集まった報道陣の前で高らかに宣言しました。

『R18B』および『R18 Transcontinental』のメディア発表会が開催された

 ドイツ・フランクフルトで開催された『R18B(アール・エイティーン・ビー)』および『R18 Transcontinental(アール・エイティーン・トランスコンチネンタル)』のメディア向け発表会での言葉です。

 搭載するエンジンはBMW Motorrad史上最大となる排気量1801ccのOHVボクサーツイン。最高出力67kW(91ps)/4750rpmを発揮し、2000~4000rpmの回転域で常に150Nm以上のトルクを発生するなど、クルーザー向けに専用開発されました。

『R18B』および『R18 Transcontinental』のメディア向け発表会がドイツ・フランクフルトで開催された

 マルクス・シュラム氏は「個人的な意見として、このエンジンを始動させると、最高の喜びを感じ、エモーショナルな気持ちになります」と言います。BMW Motorradがこれまで着手してこなかったクルーザーセグメントで成功を収めるために、速さやスペックではなく、いかに情緒的であるか、味わい深いかというテイスティな部分を追求したというわけです。

ファンが何を望むか徹底追求してきた

 精巧にデザインされたダブルループ鋼管フレームをはじめ、密閉型アクスルドライブを備えたリジッドフレーム・デザインのリヤスイングアームや露出したオープンドライブシャフトなど、車体にはクルーザーファンが好むエッセンスがふんだんに盛り込まれています。

R18Bのファーストエディションは黒地に白いピンストライプが施された

 上質感があり、目の当たりにしたファーストエディションは黒地に白いピンストライプが施され、BMWの伝統を強く感じる仕上がりです。

 それでいて、アクティブクルーズコントロール(ACC)をはじめ、ライディングモードやオートマチックスタビリティコントロール(ASC)、ダイナミック・エンジンブレーキコントロール(MSR)といった最新の電子制御も満載。時代のニーズに合わせていることがわかります。

打倒ハーレー、米国でもプロモーション

 最大の市場のひとつとなるのは北米。言うまでもなく、アメリカンブランドであるハーレーダビッドソンが高いシェアを獲得し、確固たる地位を確立しますが、BMW Motorradは今年8月におこなわれた「スタージスラリー」(米国サウスダコタ州)で、R18BそしてR18トランスコンチネンタルを発表。全米のハーレー乗りたちが集結する一大イベントで、BMW Motorradの新作クルーザーをアピールしたのでした。

ドイツ・ミュンヘンで開催されたIAAモビリティ2021でBMW AGオリバー・ツィプセ取締役会長の登壇時には、BMWグループのCE04をはじめとする電動車両が展示された

 発表会がおこなわれた全く同じ期間には、ミュンヘンにて「IAAモビリティ2021」がおこなわれ、BMW Motorradは新型の電動モビリティ『CE 04』の実車を展示。BMWはグループ全体で2030年までにバリューチェーン全体でCO2の排出量を1/3に、量にして2億トン減らし環境へ貢献したいと公言しています。史上最大排気量で、オーソドックスな空油冷OHV方式の本格派クルーザーモデルを登場させていく一方で、100%エミッションフリーの次世代コミューターを発表するのは、じつに興味深いところではないでしょうか。

 BMW Motorradは世界で10万7610台のモーターサイクルおよびスクーターを販売し、前年比40.3%増し。好調なセールスを続ける同社が、各カテゴリーで猛攻を仕掛けるといった印象を今回ドイツで強く感じました。ハーレーダビッドソンがトップシェアを堅守してきたクルーザーでもトップを目指すというマルクス・シュラム氏の言葉は力強く、自信に満ち溢れていたのです。

【画像】BMW R18B/R18 Transcontinentalの画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事