中央道「EXPASA談合坂」で食すベーシックな朝メニュー 店舗のイメージからは意外!? バイクで行く高速道路グルメ

ツーリングの待ち合わせや休憩ポイントとして、利用することも多い中央自動車「EXPASA談合坂」(下り)で、あの有名チェーン店としては意外な朝メニューを見つけました。

『伝説のすた丼屋』とは思えない、あっさりとした朝メニュー

 山梨県上野原市に位置する「EXPASA談合坂(=談合坂SA)」ですが、「談合坂」の名前の由来は、武田と北条の談合がそこで行われていたから、など諸説あります。歴史好きとしてはその辺りも調べてみたいところですが、今回の目的はツーリング途中の腹ごしらえです。

「鮭&納豆定食」(650円)は、「すた丼」を連想させる肉が皆無という朝の限定メニュー。焼き鮭に納豆、お新香や温泉卵など、日本の伝統的なおかずで構成されている

 早朝に立ち寄ったので朝ごはんを食べに施設内へ入ると、目に飛び込んできた『伝説のすた丼屋』。あのニンニクたっぷりのガッツリ系丼として、関東のライダーにはおなじみのチェーン店です。

 さすがに朝から「すた丼」は無理だろうと思いながら見ていると、朝限定、しかも一般店では食べられない朝食メニューがあることに気づき、これならばと「鮭&納豆定食」(650円)をオーダーしました。

 出来上がってきたのは、焼き鮭と納豆、ご飯に味噌汁、お新香、温泉卵が並ぶ、まさに日本の朝食というイメージの内容でした。「すた丼」から派生した豚肉などが小鉢で出てくるのかと思いきや、一切ありません。逆に言えば、わざわざこのメニューを『伝説のすた丼屋』で販売する理由が謎ではありますが、ここは素直に、このあっさりとした朝食をいただくことにしました。

 お味の方は、写真を見ただけで想像できるかと思いますが、まさにその通りです。細かく言えば、塩分はやや高め、味噌汁は甘口です。これは個人の感想ですが、「すた丼」自体がご飯がすすむよう塩分が高めなのだろうと感じるので、甘口の味噌汁がカウンター的にマッチしていると思います。納豆と温泉卵はオンザライスとし、ボリューム的にも満足な朝食でした。

中央自動車道の中でも超メジャーな施設と言える「EXPASA談合坂」は、ツーリングライダーが多く立ち寄るスポットでもあり、2輪専用の駐輪スペースもしっかり確保されている

 このフードコートは24時間営業の「麺工房」「ラーメン大皇」「HIGHWAY SUKIYA」「ごはんどころ談合坂 定食亭」などがありますので、時間を問わずお食事には困らないはずです。

 しっかり朝食をいただき、安全にツーリングを楽しみたいものです。

【了】

【画像】中央道「EXPASA談合坂」のPA飯を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事