イメージは仕事のできるビジネスマン! キムコの原二スクーター「Tersely S 125」は大人の時間を自由にしてくれるモデル

ハイパフォーマンスなスクーターを多数ラインナップし、そのコストパフォーマンスの良さから、高い人気を誇る台湾のバイクメーカー「キムコ」。そんなキムコがヨーロッパでの通勤を意識して開発した、ハイホイールスタイルスクーター「Tersely S 125(ターセリー・エス125)」に試乗しました。

ビジネスライクなビジュアルとラフな乗り味

 ヨーロッパで、通勤の足として高い人気を誇るハイホイールスタイルスクーター、キムコ「Tersely S 125(ターセリー・エス125)」に試乗しました。

キムコ「Tersely S 125」と筆者(先川 知香)

 少しヤンチャなデザインを採用し、利便性と走り重視のスクーターというイメージが強いキムコですが、実は石畳や段差の多いヨーロッパで人気の「ハイホイールスクーター」もラインナップされています。

 その一台であるTersely S 125は、艶消しシルバーのボディに落ち着いたワインレッドのシートの組み合わせが、どことなくエレガントな雰囲気です。ちなみに、車名の読み方は「ターセリー」。英語で、「短くて簡潔なさま」という意味があるそうです。

 フロント16インチというスクーターにしては大きめのホイールサイズやスクリーンの高さも相まって、シルエットはスリムでスタイリッシュ。なんとなくバイクは敬遠されがちなビジネスシーンでの移動用としても違和感はありません。

キムコ「Tersely S 125」と筆者(先川 知香)。身長165㎝の場合、足の先がギリギリ地面に着くレベルです

 そんな、スーツを着て移動するエリートサラリーマンを想像しながら跨ってみると、まずは車高の高さに驚きます。身長165㎝の私(先川 知香)で、足の先がギリギリ地面に着くレベル。さらには、試乗当日に使用していたフルフェイスのヘルメットが、いくら気を付けていても、背の高いTersely S 125のスクリーンにコツコツと当たってしまい、どうしても気になりました。

 これは……“ヨーロッパを意識”したモデルではなく、どう考えても背が高く、足の長い“ヨーロッパ人仕様”。標準体型の日本人女性である私が、日常の足として乗るには少ししんどいかもというのが、正直な感想でした。

キムコ「Tersely S 125」に乗る(先川 知香)

 しかし、走り出してみると、その印象は少しだけ変わります。試乗当日の天気は快晴でしたが、海沿いという土地柄もあり、時々強風が吹いていたのですが、その影響は皆無といっていいほど。驚くほどの車体の安定感を感じることがきただけでなく、ライディング姿勢も普段椅子に座っているそのままのような姿勢で乗れるため、リラックスした気持ちで走ることができました。

 とはいっても、やはり車高は125㏄とは思えないほど高く、シート高は790mmと足つきが悪いため停車する際は少し緊張が走ります。それでも楽な姿勢で無理なく乗れるという点は、かなり好印象。ちょこちょこと近所を移動するというよりは、少し遠くまで一気に走りたいイメージでした。

キムコ「Tersely S 125」

 ハンドル脇とシート下の2箇所にUSBポートも付いているので、スマホの充電なども心配せずに遠出することも可能! もちろん、シート下収納やリアボックスの収納力も抜群など、実用的な使い勝手も兼ね備えているため、仕事の合間のリフレッシュなどにも最適な印象でした。荷物がたくさん積めるので、急な呼び出しにも対応できるなど、仕事中の息抜きに使っても、抜かりはありません。

 走りを楽しむというよりは、景色を楽しみながら気楽に走れる、気分転換に最適なモデル! キムコ「Tersely S 125」の価格(消費税10%込)は、28万6000円です。

【了】

【画像】仕事ができるビジネスマン的スクーター!キムコ「Tersely S 125」を画像で見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事