2021 MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP ヤマハ・クアルタラロが年間タイトル獲得 フランス人初のチャンピオン誕生

2021 MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが10月24日にミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催されました。今回のレースではマルク・マルケス選手(レプソル・ホンダ・チーム)が勝利し、今季3勝目を記録しました。

最高峰レース参戦3年目でチャンピオン獲得

 2021 MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが10月24日にミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催されました。

2021 MotoGP最高峰クラスで年間チャンピオンに輝いたファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

 今回のレースでは、ポールポジション獲得のフランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)、ジャック・ミラー選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)、ルカ・マリーニ選手(スカイ・VR46・アビンティア)が1列目スタート。

 2列目にはポル・エスパルガロ選手(レプソル・ホンダ・チーム)、ミゲール・オリベイラ選手(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)、フランコ・モルビデリ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が並びます。

2021 シーズン発のワン・ツーフィニッシュを記録したレプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケス選手とポル・エスパルガロ選手

 今回のレースではスタートからF・バニャイア選手がレースをリードするも、残り4周でクラッシュし、リタイア。トップ争いを演じていたマルク・マルケス選手(レプソル・ホンダ・チーム)がその後のレースを支配し、2連勝を挙げ、2位にP・エスパルガロ選手、3位にエネア・バスティアニーニ選手(アビンティア・エスポンソラーマ)が入賞しました。

 なお、年間ポイントランキングトップで13番手スタートのファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)は4位でフィニッシュし、ポイントランキング2位のF・バニャイア選手に65ポイント差をつけチャンピオンを獲得しました。

 ヤマハとして2015年のホルヘ・ロレンソ選手以来、フランス人として初のMotoGPタイトル獲得を遂げたF・クアルタラロ選手、ならびにヤマハの日高祥博社長(「高」は、正しくは「はしごだか」です)はチャンピオン獲得について次のように話します。

■ファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

チームクルーから祝福をうけるファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

「まだ信じられない気持ちです! うまく話せませんが、ただ驚いています。もう少し時間が経ったら、もっとたくさんのことを話せるかもしれません。今はただ、夢の中にいるようです! 家族も一緒なので、今夜、そしてシーズン終了まで、この喜びを存分に楽しむことになるでしょう。

 もちろん、バニャイア選手がこのような形でレースを終えることを望んだわけではありません。彼が無事で本当に良かったと思っています。チャンピオンになりましたが、今は言葉が出ません。泣くだけの水分も一滴も残っていません。とにかく最高の気持ちですが、その感覚を表現することができません。家族の大部分、そしてサーキットで家族とともに表彰台に立つこと……今は言葉が見つかりません。
 
 MotoGPはとても長い歴史があります。そのなかでフランス人初のチャンピオンになれたことを非常に嬉しく思います。ヤマハにとってもまた、とても素晴らしいことです。2015年以降タイトルから離れていましたが、今日それをまた取り戻しました。最高の気分です!」

■ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 日高祥博氏(「高」は、正しくは「はしごだか」です)

ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 日高祥博氏(「高」は、正しくは「はしごだか」です)

「はじめに、クアルタラロ選手のタイトル獲得を心から祝福したいと思います。彼がYZR-M1の性能を最大限に発揮する才能を持ち、当社が持つ大きな夢を共有していることはわかっていました。そして今、彼は努力と情熱、そしてエキサイティングでありながらクリーンな走りで夢を実現させたのです。

 この共通の目標をともに達成できたことに感動しています。グランプリ参戦は当社の伝統的な活動としてレーシングDNAを育み、このDNAは製品にも浸透しているのです。当社は今シーズン、グランプリの頂点に復帰するという明確な目標を持っていました。クアルタラロ選手とともに5回の優勝と10回の表彰台を獲得し、実に6年ぶりにその目標を達成することができました。これは素晴らしい成果です。しかもこのような激しい戦いの中でそれを達成できたことを誇りに思います。
 
 ヤマハを代表し、すべてのスポンサーおよびパートナーの皆様に心より感謝申し上げます。皆様のサポートがなければ何ひとつ達成することはできませんでした。新型コロナウイルス感染症の拡大に見舞われたこの難しい2年間も、常に当社を応援し続けてくれました。まさに、このタイトルは皆様のものでもあるのです。
 
 MotoGPやその他のモータースポーツが多くのファンにとって活力の源になっていることが、この2年間で、より一層、明らかになりました。厳しい時代においてもグランプリは多くの人々にとって明るい光になったのです。私はここで、世界中のファンの皆様の揺るぎないサポートと、今年もまたコロナによる規制を忠実に守ってきた当社スタッフに感謝の気持ちを伝えたいと思います。彼らは何週間も家族から離れ、世界チャンピオンになるという目標のため100%の努力を続けてきたのです。
 
 当社は創業以来、すべてのお客様に感動をもたらすため常に努力してきました。これは特別な価値のあるものに出会ったときに感じる深い満足感と大きな興奮を表す言葉です。今日のチャンピオン獲得は間違いなくそうした瞬間のひとつで、クアルタラロ選手と当社のファンが増えていくなかで多くの人に喜びをもたらす重要な出来事となりました」。

※ ※ ※

 次戦、2021MotoGP第17戦アルガルベGP 決勝レースは11月7日にアウトドローモ・インターナショナル・アルガルベで開催予定です。

【了】

【画像】MotoGP最高峰クラスで初めて年間チャンピオンに輝いたファビオ・クアルタラロ選手の画像を見る(20枚)

画像ギャラリー

最新記事