手軽で乗りやすい!おすすめ250ccバイク5選

高速道路を走行可能なほか、車検がないことから維持費が安いなど、多くのメリットを持つ250ccバイク。購入を検討しているけれど、どのモデルを選べばいいか分からないと、迷っている人も多いでしょう。そこで、排気量250ccでおススメのバイクをまとめました。

今おススメの250ccバイクとは

 まず、紹介したいのは、ホンダ「レブル250」です。シート高が690mmと低く、車両重量も170kgと比較的軽量なため、年齢や体格、性別を問わず、幅広い層から人気のクルーザーモデルとなっています。

幅広い層から人気のクルーザーモデルホンダ「レブル250」

 前後のタイヤには16インチのワイドタイヤが採用されており、存在感抜群。最高出力26psの水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンが搭載され、伸びのある走りが特徴です。

 また、印象的な4眼インナーレンズ式LEDヘッドライトに加えて、ウインカーやテールランプなど、すべての灯火器にLEDが採用されており、スタイリッシュさを引き立てています。

印象的な4眼インナーレンズ式LEDヘッドライト

 そんなレブル250を際立たせる要素のひとつが、独自形状の燃料タンクです。容量は11Lで、長距離ツーリングでも使い勝手のよい大きさ。また、スプリングの最適化などにより、荒れた路面での安定性や乗り心地の良さも、クルーザーならではの魅力といえるでしょう。

 カラーは、マットジーンズブルーメタリック、マットアーマードシルバーメタリック、マットフレスコブラウンの3色をラインナップ。価格(消費税込 以下同様)は59万9500円です。

優れたシティーコミューターとして人気の軽二輪スクーターホンダ「フォルツァ」

 続いておススメしたいのが、ホンダ「フォルツァ」です。2000年に初代のモデルが発売されて以来、燃費性能に優れたシティーコミューターとして人気の軽二輪スクーター。フロント15インチ、リア14インチのアルミホイールを採用し、強く軽やかな足回りが実現されています。

 搭載する水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒エンジンは、最高出力が23psを誇り、力強い加速が可能。加えて780mmのシート高があり、自然体で安定感のある走りができると同時に、走行中の視線の高さも魅力のひとつでしょう。

 また、高速でも快適に走行ができるように、防風性の高い電動式の可動スクリーンを搭載。ブレーキ時に安心なABSはもちろん、加速時の安定感を高めるセレクタブルトルクコントロールも装備されています。

「フォルツァ」のラゲッジボックスの容量は48Lで、フルフェイスヘルメットがふたつ収納できます

 さらに、ラゲッジボックスの容量は48Lで、フルフェイスヘルメットがふたつ収納できる大きさを確保。カラーは、パールホライゾンホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック、インディーグレーメタリックの3色がラインナップされており、メーカー価格は65万8900円です。

まだまだ有るよ!おススメの250ccモデル

 3台目に紹介するのは、ヤマハ「MT-25」。軽量かつコンパクトな車体と舗装路でのスポーツ性能を重視した走りが特徴のモデルで、MTシリーズのエントリーモデルとして、若者を中心に人気を集めています。

MTシリーズのエントリーモデルとして人気のヤマハ「MT-25」

 水冷4ストロークDOHC直列2気筒4バルブエンジンを搭載し、最高出力は35ps。街乗りからツーリングまで、幅広く楽しめる点が魅力です。

 とりわけ市街地での走行では、アップライトなポジションのハンドルが採用されていることで、機敏なハンドル操作が可能。倒立式フロントサスペンションが自然なハンドリングを導き、乗りやすさを向上させています。

ボリュームとフィット感の両方を兼ね備えた燃料タンクカバー

 さらに、ボリュームとフィット感の両方を兼ね備えたMTシリーズならではの燃料タンクカバーも特徴のひとつ。タンク容量は14Lで、長距離走行も安心です。

 カラーはグレー、ブルー、マットダークグレーの3色をラインナッ。価格は62万1500円です。

デザイン性とハイパフォーマンスを兼ね備えたロードスポーツモデルとして人気のカワサキ「Ninja 250」

 4つ目に紹介するのは、カワサキ「Ninja 250」。デザイン性とハイパフォーマンスを兼ね備えたロードスポーツモデルとして、幅広い層のライダーから人気のモデルです。

 搭載される水冷4ストローク並列2気筒エンジンは、最高出力37psを発揮。車体のサイズは、1990mm(全長)×710mm(全幅)×1125mm(全高)で、シート高は795mmです。また、車両重量が166kgと、軽量な点も扱いやすいポイントでしょう。

 アシスト&スリッパークラッチやギアポジションインジケーター、LEDヘッドライトなどが標準装備されており、ライダーへのサポートも充実。セパレートハンドルによる、軽く扱いやすいハンドリングとスポーツ性のある快適なライディングポジションが両立されています。

 カラーは、キャンディパーシモンレッド×メタリックグラファイトグレーとメタリックカーボングレー×メタリックフラットスパークブラックの2タイプ。価格65万4500円です。

低価格ながらも、走行性能が高いことが魅力のスズキ「ジクサー250」

 最後に紹介するのは、スズキ「ジクサー250」。軽快かつ爽快な走りができるロードスポーツモデルであり、250ccクラスのなかでは際立って低価格ながらも、走行性能が高いことが魅力のモデルです。

 搭載されている単気筒SOHC4バルブエンジンは、冷却方式に油冷を採用。最高出力26psの高出力ながら軽量で小さく、環境性能にも優れたエンジンとなっています。

 とくに、中高回転域での力強い加速感があり、スポーツ性のある走りを実現。排気口が縦にふたつ並ぶデュアルテールエンドのショートマフラーが、迫力のある外観と快適なサウンドを生み出します。

 さらに、フル液晶ディスプレイのインストルメントパネルには、多彩な機能が充実。バータイプのタコメーターやデジタルスピードメーター、ギアポジションインジケーターなどが分かりやすく表示される点も、おススメのポイントです。

 また、車体の後部には、泥はねを抑制するために、特徴のある機能的なスイングアームマウントフェンダーが装備されています。カラーは、トリトンブルーメタリックとマットブラックメタリックの2色をラインナップ。価格は44万8800円です。

※ ※ ※

 250ccのバイクは車検がなく、扱いやすいことに加えて高速道路の走行も可能などのメリットがあり、愛用するライダーが多いクラスのバイクです。

 ラインナップが豊富なため、好みにあったモデルを探しやすいことも嬉しいポイントでしょう。購入を検討している人は、今回のおススメを参考に、愛車を選んでみてはいかがでしょうか。

【了】

【画像】オススメの250ccバイクを画像で見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事