ルールは大丈夫? シェアリングサービスの「LUUP」が電動キックボードの安全講習会を開催

電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの「電動マイクロモビリティ」を取り扱うシェアリングサービス「LUUP」を展開する株式会社Luupは2021年10月24日に、南海電気鉄道の協力を得て、JR西日本(西日本旅客鉄道)と共同で電動キックボードの安全講習会を、べんてんひろばで開催しました。

大阪府警の協力の元、安全な走行ルールのレクチャーを実施

 電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの「電動マイクロモビリティ」を取り扱うシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luupが、JR西日本(西日本旅客鉄道)と共同で、南海電気鉄道株式会社の協力を得て電動キックボードの安全講習会を2021年10月24日に、べんてんひろばで開催しました。

シェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luupが開催した電動キックボードの安全講習会

 電動キックボードは日本において新しいモビリティであり、安全に走行するためのルール整備が必要となっています。

 そこで現在、Luupは電動キックボードの適切な走行条件や規制の検討に協力するべく、産業競争力強化法に基づく「新事業特例制度」を用いた電動キックボードの公道での実証実験を大阪府大阪市と東京都内6区(渋谷区、新宿区、品川区、世田谷区、港区、目黒区)で実施しています。

 大阪では、2021年4月2日よりキタ(梅田)・ミナミ(難波、天王寺)の2エリアにて小型電動アシスト自転車のシェアサービスの提供を開始し、5月20日より、同サービス内に電動キックボードを導入。現在、大阪市内の人々に日々の短距離移動手段として活用されています。

 一方で、私有地専用の電動キックボードが保安基準を満たさない状態で、公道を走行している例など、電動キックボードに関する違反も発生しています。

 そのような現状を受け、今回、大阪市の人たちに正しい走行ルールや安全な走行方法を周知し、適切に電動キックボードのシェアリングサービスを利用してもらえるようになることを目指し、JR西日本と共同での電動キックボードの安全講習会が開催されました。

 安全講習会の内容は、私有地内での試乗体験が実施された他、大阪府警の協力の元、電動キックボードの走行ルールのレクチャーを実施。参加特典として、LUUPのアプリで使用できるライド無料クーポン・オリジナルマスクが配布されました。

 同安全講習会の開催により、参加者からの「試乗会に参加したことで正しい乗り方が理解できた」や「レクチャーを受けて疑問点が解消された」といった感想を受け、同社は今後も大阪市の人たちに、安全な運転技術の習得と交通ルールの遵守のうえ、引き続き適切に電動キックボードのシェアリングサービスを利用してもらえるように、今後も安全講習会の実施やルール周知のためのキャンペーン活動などを検討していく方針です。

■サービス概要
・内容:電動キックボードと小型電動アシスト自転車のシェアアプリ
・詳細:スマートフォンアプリ「LUUP」を用いて、電動キックボードや小型電動アシスト自転車に乗車し、街じゅうにあるポートからポートへの移動が可能。電動キックボードのシェアリングに関しては、「新事業特例制度」の認定を受け、実証実験として実施されています。
・利用可能エリア:大阪キタ・ミナミエリア
・利用料金(消費税込):110円/初乗り10分、16.5円/分
・利用方法:スマートフォンアプリ「LUUP」から利用可能。

【了】

【画像】電動キックボードの安全講習会の様子を画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事