カワサキの名車「Z1」「Z2」日本自動車殿堂の歴史遺産車に登録

株式会社カワサキモータースジャパンは、カワサキモータース株式会社(元:川崎重工業株式会社モーターサイクル&エンジンカンパニー)より1972年に登場したKawasaki 900 super4(通称:Z1)と1973年に登場した、Kawasaki 750-RS(通称:Z2)が、特定非営利活動法人日本自動車殿堂の歴史遺産車に登録されたことを発表しました。

名車「Z1/Z2」が殿堂入り

 株式会社カワサキモータースジャパンは、カワサキモータース株式会社(元:川崎重工業株式会社モーターサイクル&エンジンカンパニー)より1972年に登場したKawasaki 900 super4(通称:Z1)と1973年に登場した、Kawasaki 750-RS(通称:Z2)が、特定非営利活動法人日本自動車殿堂の歴史遺産車に登録されたことを発表しました。

特定非営利活動法人日本自動車殿堂の歴史遺産車に登録されたKawasaki 900 super4(通称:Z1)

 当時の川崎重工業は大型モデルの開発目標として、性能、スタイル、装備、あらゆる点で世界最高の「ZAPPER(ザッパー)」をつくりあげることにあり、高評価を得ていた他社モデルといかに“差別化”するかということが重要と考えていました。

 その目標に沿って開発された900 super4は操縦安定性に関しても、完成度を上げるために最大限の努力が注がれており、差別化”を実行したZ1の成功が現在のカワサキの企業風土を培ったとされています。

特定非営利活動法人日本自動車殿堂の歴史遺産車に登録されたKawasaki 750-RS(通称:Z2)

 また、Z1/Z2の後継車であり、大ヒットを記録した「GPZ900R」は、のちに「GPZ1000RX」「ZX-10」「ZZR1100/1200」へと発展。

 Z1/Z2mの遺伝子は同じネイキッドモデルにも継承され、「ZEPHYR(ゼファー)」シリーズや現在ラインナップされている「Z900RS」など、多くのヒット商品を生み出されました。

堅調なセールスを記録している「Z900RS」

 なお、カワサキによると、同社はこれからも伝統に裏付けられた革新的な技術やマーケティング、販売活動を通じ、“Good Times Company”を実現し、”Let the good times roll”「カワサキに関わる人すべての、よろこびと幸せ」を届けるため、あらゆる可能性へと挑戦していくといいます。

【了】

カワサキ「Z1」「Z900RS」の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事