新東名「遠州森町PA」で出会った和風PA飯 名物「ざるとろそば」定食 バイクで行く高速道路グルメ

新東名高速道路をツーリングで走行中に休憩で立ち寄った「遠州森町PA」(上り)には、こだわりのとろろをそばや麦飯と一緒に食べられる定食がありました。

遠州で出会った和風PA飯、名物「ざるとろそば」定食

 新東名高速道路「遠州森町PA」は、静岡県周智郡森町円田(えんでん)にあるパーキングエリア(PA)です。施設は「ぷらっとパーク」として、一般道からもアクセスが可能となっています。

名物「ざるとろそば」定食(980円)。コシのある食感のざるそば、麦飯、とろろがセットになっている。途中でそばつゆにもとろろを入れると、まさにとろろ尽くし!

 ツーリングで立ち寄った「遠州森町PA」(上り)には、広々として落ち着いた雰囲気のフードコートがあり、のんびりと休憩するのに適しています。施設内にある「もりかけ庵」(営業時間:7時から21時)は、そばや天丼などの和食が充実しており、メニューはとろろを中心とした「麦とろ定食」(780円)や「とろろそば定食」(980円)などがあります。

 その中で今回選んだメニューは、名物「ざるとろそば」定食(980円)です。ざるそばと麦飯に、とろろがセットになっています。注文したらすぐに出来上がってきました。

 まずはとろろをかけずに、そのままざるそばを味わってみました。コシがあり、良い風味と食感で満足の味です。麦飯にはすでに味の付いたとろろをたっぷりとかけていただきました。贅沢なとろろご飯に満足しながら、最後はそばつゆにとろろを入れていただきました。

「もりかけ庵」のメニューは和食が中心ですが、唐揚げやメンチカツ、ミックスフライ、とんかつなどの揚げ物も充実しています。今回の定食はなかなかのクオリティだったので、次回立ち寄った際には他のメニューも試してみたいと思います。

森町産の抹茶を使った「もちふわ抹茶クリーム大福」(250円)。抹茶クリームとつぶあんが入った大福はその名の通り“もちふわ”食感で美味

 食事をしながら、視界に飛び込んでくる甘味類の看板も気になります。静岡らしく、抹茶系スイーツが充実しているようです。「遠州森町PA」の限定品という「もちふわ抹茶クリーム大福」(250円)を購入しました。今まで食べたことがないくらいソフトな食感の大福。ほのかに香る地元森町産の抹茶とつぶあんが最高の相性でした。思わずその場で食べてしまいましたが、もちろんお土産にも良さそうです。

【了】

【画像】新東名「遠州森町PA」(上り)のPA飯を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事