懐かしい!! こんなバイク見たこと無い!? 旧車好きが集まった海沿いの駐車場は、かつて有料道路の料金所があった場所

2021年11月3日、文化の日に神奈川県の『逗子海岸ロードオアシス』でバイクミーティングが開催されました。その名も『名も無き旧車ミーティング』。どのようなバイクが集まったのでしょうか。

バイクも場所も懐かしい、博物館クラスの旧車まで!?

 2021年11月3日、文化の日に神奈川県の『逗子海岸ロードオアシス』でバイクミーティングが開催されました。題して『名も無き旧車ミーティング』。主催したのは、神奈川県逗子市で仕出し料理店を営む和田大輔さん。人気の刺身弁当を求めて遠方からもライダーが集まってくる『魚平商店』の店主です。

会場で一際注目を集めていた「Norton(ノートン)」(1926年)。車両コンディションも素晴らしい上に自走で来たことにもビックリ!

 和田さんは1940年代に生産されたハーレー・ダビッドソン「WLA」をはじめ、カワサキ「Z1」やトライアンフなどのビンテージ車両から、カワサキのスーパーチャージドエンジンを搭載する「Ninja H2」などの最新モデルまで所有するバイクマニアでもあり、そんな和田さんが主催ということもあって、どのような希少車が集まるのか、期待を胸に会場へ向かいました。

 逗子海岸ロードオアシスは、都心からもクルマで1時間程度というアクセスの良さに加え、海が一望できる気持ちの良いパーキングエリアです。あまりにも昔過ぎて知らない人のほうが多いかもしれませんが、この場所はかつて「湘南道路」という有料道路の料金所だった場所です。筆者(増井貴光)が20歳くらいの頃はショートツーリングのお決まりルートで毎週のように来ていました。燃料タンクにテープで50円硬貨を貼り付け、料金所でサッと支払いをしていたのは懐かしい思い出です。

今回のミーティングを主催した和田さん。逗子でライダーに大人気のさしみ弁当を販売する『魚平商店』の店主

 当時有料道路だった区間は、ここから鎌倉の滑川まで。歩道が整備されていない箇所や他の道へアクセス出来ないなど、有料道路時代の名残となっていますが、前述のようにアクセスが良いこともあって、現在もメジャーなツーリングルートになっています。

 また、このパーキングには今回のミーティングにも協賛したライダースカフェ『808Cafe 10R(ヤオヤカフェ・テンアール)』もあり、普段からライダーが集まるスポットになっています。

 当日は天気も良く、暖かい日だったこともあっていつもの休日以上にライダーが集まりました。湘南や三浦をツーリングしつつ参加した人も少なく無かったようです。

このミーティングにも協賛しているライダースカフェ『808Cafe 10R』。新鮮な野菜を使ったオーガニックフードやドリンクなども提供している

 ヤマハ「RZ」やカワサキ「Z400FX」などの1980年代から1990年代のリアルで懐かしい車両も数多く集まりました。バイクブーム、HY戦争当時のホンダ「ビート」や「スカッシュ」などのスクーターも見られ、1970年代までのトライアンフやハーレー・ダビッドソン、インディアンなどのビンテージ車両も自走でやってきました。

 なかでも飛び抜けて注目を集めていたのは、1926年と1955年のノートン、1926年のトライアンフです。どの車両も綺麗にレストアされており、まさか普通に間近で見られるとは思えないほどのミュージアムコンディションでした。

クラシックなスタイルだが現行モデルのサイドカー「ウラル」(左)と、発表されて20年ほど経つ「クラウザー・ドマニ」(右)。いま見ても先進的なデザイン

 ほかにも、アルミ外装でカスタムされた戦闘機ルックのビューエル「S1W」や「ヨシムラ・トルネード」、「クラウザー・ドマニ」など、普段はまずお目にかかれないバイクを見ることができました。

 ミーティングとは言え細かいタイムスケジュールは無く、自然発生的に集まり、ゆったりした良い時間が過ごせました。

 次回の開催は未定ですが、逗子海岸ロードオアシスではライダースカフェ「808 Cafe 10R」が主催する『Bikers Free Market vol.2』が11月20日と21日に開催されるそうです。

【了】

【画像】懐かしいバイク、激レア旧車の画像を見る(38枚)

画像ギャラリー

最新記事