ビモータ「KB4」「KB4RC」公開 カワサキエンジン搭載の新型スポーツをついにお披露目【EICMA 2021】

ビモータは最新モデルスポーツモデル「KB4」および「KB4RC」を2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

ついに姿を現したカワサキ×ビモータ最新モデル

ビモータは最新モデルスポーツモデル「KB4」および「KB4RC」を2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

カワサキエンジン搭載のビモータ最新モデル「KB4」

  ビモータが手掛けるKB4は、川崎重工業が49%の株式を取得し、ブランドメインオーナーとなったことで誕生したビモータ「TESI H2」に続くモデルとして開発された自然吸気エンジン搭載のフルカウルスポーツモデルです。

1978年登場のKB1、1981年登場のKB2、1983年登場のKB3に続く、カワサキ×ビモータの4つ目のモデルとなるKB4では、これまでのKBシリーズを彷彿とさせるクラシカルなフェアリングを採用。

 レトロな印象でありながら最新のプロダクツで構成された足回により、安定感のある走りを楽しめることが予想されます。

 また、派生モデルであるKB4RCではフェアリングを取り払うことで個性的なシルエットを体現しています。

 TESI H2に続くビモータ×カワサキのコラボレーションモデルとして導入されるKB4。日本での発売時期や価格が気になるところです。

■ビモータ「KB4」主要諸元(海外仕様車)
フレーム:高張力鋼製フロントトレリス、ビレットアルミ合金製プレート
エンジン:水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ
排気量: 1,043 cc
ボア×ストローク:77 mm × 56 mm
圧縮比:11.8:1
最高出力:104.5kW(142HP)/10,000rpm
最大トルク:111N・m(11.3kgf・m)/8,000rpm
燃料タンク容量:19リットル
トランスミッション:6ギア
一次側比率:1.627(83/51)
ファイナルレシオ:2.444(41/15)
ガソリン:グリーン – プレミアム
クラッチ:湿式多板クラッチ
変速比:1st 2.600(39/15)、2nd 1.950(39/20)、3rd 1.600(24/15)、4th 1.389(25/218)、5th 1.238(26/21)、6th 1.107(31/28)
オイル量:4.0リットル
全長:2,210mm
幅:765mm
高さ:1,165mm
ホイールベース:1,390 mm
グランドクリアランス:140mm
シート高:810mm(±8mm)
ステアリングアングル/トレイル:24°/100.8mm
フロントサスペンション:オーリンズ製FG R&T 43 NIX30フロントフォーク
ホイールトラベル:130mm
Öhlins FG R&T 43 NIX30 リアサスペンション:アルミ合金製ビレットスイングアーム/Öhlins ttX 36
ホイールトラベル、リア:122mm
フロントタイヤ:120/70ZR17 Pirelli DIABLO ROSSO III
フロントホイール:OZ Forged J17M/C×MT3.50
リアタイヤ:190/50ZR17 Pirelli DIABLO ROSSO III
リアホイール:OZ Forged J17M/C×MT6.00
フロントブレーキ:320mmダブルディスク
リアブレーキ:220mmシングルディスク
乾燥重量:187kg
販売開始時期:2021年4月

【了】

【画像】ビモータ×カワサキ「TESI H2」「KB4」「KB4RC」の画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事