ヤマハ新型「XSR900」欧州最大規模の「バイク見本市」で一般公開 【EICMA 2021】

ヤマハは、フルモデルチェンジした「XSR900」(海外仕様車)を2021年11月25日からイタリア・ミラノで一般公開されているバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。改めてその特徴を振り返ってみましょう。

欧州市場でお披露目されたヘリテイジモデル

 ヤマハは、フルモデルチェンジした「XSR900」(海外仕様車)を2021年11月25日からイタリア・ミラノで一般公開されているバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

フルモデルチェンジしたヤマハ「XSR900」

 従来モデル同様に889ccのトルクフルな3気筒エンジンを搭載するXSR900最新モデルは、“The Expert of Equestrian(伝統馬術のエキスパート)”をコンセプトに開発された大型ヘリテイジ・ネイキッドモデルです。

 熟成された3気筒エンジンにより快活な走行性を実現するXSR900では、軽量CFアルミダイキャスト製の新フレーム、および足着き性を高め着座姿勢を最適化する専用のリアフレームを採用したうえで、ヤマハレーシングヘリテージを反映したスタイリングへと刷新。

 軽量で高剛性の“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)”、IMU(慣性計測装置)を活用した運転操作を支援する各種制御も標準装備されています。

 なお、XSR900最新モデルの日本導入は2022年春以降の予定となっています。

【了】

【画像】ヤマハ「XSR900」最新モデルの画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事