車体重量15.5kg! カーボンフレーム採用の電アシ「Carbon Age」がクラウドファンディングに登場

カーボンフレームで圧倒的な軽さと極上の走りを両立させた折りたたみ電動アシスト自転車

カーボンフレームで圧倒的な軽さと極上の走りを両立させた折りたたみ電動アシスト自転車

 電動アシスト自転車「Carbon Age」のクラウドファンディングプロジェクトに向けたWarm Upページが、2021年12月1日に公開されました。

カーボンフレーム採用の電動アシスト自転車「Carbon Age」。15.5kgと軽量な車体が特徴です

 新型コロナウイルスの蔓延は、感染防止のためのステイホームやビジネスではテレワークの導入など、日々の生活に大きな変化をもたらしました。

 そしてウィズコロナの時代となり、しばらくは新型コロナウイルスと共存することに慣れていかなければなりませんが、そんな新しいライフスタイルに合わせて、自転車通勤の急増やキャンプなどのアウトドアが流行し、自転車の需要も高まっています。

 そこで2021年12月にAFUストアが、持ち運びに特化した超軽量電動アシスト自転車「Carbon Age」のプロジェクトを応援購入サービスMakuakeにて開催。15.5kgと軽量かつ美しいデザインの電動アシスト自転車は、通勤やアウトドアの際に持ち運びに便利で、より遠くまで快適に走ることが可能な1台となっています。

 Carbon Ageの特徴は、カーボン素材が実現したつなぎ目がない一体成型デザインや、男女問わずオシャレに乗れるカラーバリエーションで、スーツでもカジュアルでもコーディネート。日常の移動手段として、街中をアクティブに走行することができます。

 また、カーボンの採用により車体は15.5kg台と超軽量。2ステップで簡単に折りたためるため、玄関先に置いてもジャマになりません。クルマに乗せて、旅行先でのサイクリングにも活躍する仕様となっています。

 本体のサドルバッテリー7000mAhと、別売りのボトルバッテリー5200mAhを合わせると、東京から鎌倉をサイクリングすることも可能。通勤・通学で毎日15km走っても、充電は週1回という便利さです。

 さらに、5段階のアシストで長距離でも坂道でも楽々。外装7段変速は、世界トップシェアのSHIMANO製が採用されています。バッテリー切れでも普通の自転車として走行可能。軽い走りで、サイクリングを楽しむこともできます

【了】

【画像】超軽量なカーボンフレーム製電動アシスト自転車「Carbon Age」を画像で見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事