実はバイクを停めてもOK? パーキングメーターとパーキングチケットの違いとは

街中で目にすることのある、パーキングメーターとパーキングチケット。名前は似ていますが、違いはあるのでしょうか。また、それぞれにバイクを駐輪することはできるのでしょうか。

パーキングメーターとパーキングチケットの違いとは

 街中で見かける、パーキングメーターやパーキングチケット。このふたつのサービスは名前こそ似ていますが、違いはあるのでしょうか。

パーキングメーターは、路上に設定されている「時間制限駐車区間」に設置されています

 まず、パーキングメーターとパーキングチケットは、ともに路上に設定されている「時間制限駐車区間」に設置されており、駐車にかかる料金(手数料)を支払うための設備です。このふたつの明確な違いは利用方法。パーキングメーターは、駐車枠内に車両が停まると自動的に検知し、時間の測定が始まると同時に「未納」のランプが点灯します。また、料金が先払いとなる点も特徴のひとつです。

 一方のパーキングチケットは、駐車枠内に車両を駐車したあと、歩道に設置してあるパーキングチケット発給機に料金を入れ、チケットを発給。発給されたチケットの領収書部分を剥がし、外から見えるように粘着テープ部分をフロントガラスの内側に貼ることで、その場への駐車が認められます。なお、粘着テープは剥がしても、痕が残らない仕様になっているため、窓ガラスが汚れるなどの心配は不要です。

 つまり、パーキングメーターは自動で駐車車両を検知しますが、パーキングチケットは運転者が車両の近くでチケットを発給し、そのチケットを掲示して利用する手動形式。利用方法は異なりますが、パーキングメーター、パーキングチケットともに利用上の注意点は同様で、駐車時間を超えたり、枠から少しでもはみだしていると、駐車違反になってしまいます。

 また、このふたつが設置されている「時間制限駐車区間」は、短時間駐車の需要に応えるためのシステムなので、1度利用時間が終了すると、再度料金を払っても駐車時間を延長することはできません。制限時間を超える駐車を予定している場合は、駐車場を利用する必要があります。

パーキングメーターの標識には、駐車禁止標識が連結されている場合が多く、パーキングメーターの利用時間外に停めてしまうと、駐車違反になる可能性があります

 さらに、停める際は標識をキチンと見て、利用できる時間帯であるかどうかを確認することも重要。例えば、標識に「9-19 日曜・休日を除く」と表記されていた場合は、日曜・休日以外の9時-19時のみ利用できることを示しています。

 なお、パーキングメーターの標識には、駐車禁止標識が連結されている場合が多く、パーキングメーターの利用時間外に停めてしまうと、駐車違反となってしまうこともあります。時間外はパーキングメーターを利用することができないため、利用時間には注意しましょう。

パーキングメーターとパーキングチケットはバイクでも利用可能なのか

 パーキングメーターやパーキングチケットは、クルマのみが利用できるイメージを持っている人も多いと思いますが、バイクも利用することは、できるのでしょうか。

パーキングメーターやパーキングチケットは、どちらもバイクで利用することができます

 結論からいえば、パーキングメーターやパーキングチケットは、どちらもバイクで利用することができます。しかし、パーキングメーターに駐輪する場合、センサーに感知されない可能性があるなど、バイクならではの注意点も存在します。

 そもそもパーキングメーターは、基本的に四輪用に設計されているため、駐輪場所によっては枠内でもセンサーから外れてしまうことがあるのです。そのため、バイクで利用する場合は、パーキングメーターの近くに駐輪することが求められます。バイクを停めると車両が検知され、「未納」の文字が点灯すると感知成功。感知されなかった場合は料金を支払うことができず、駐車違反を取られる可能性があるため、注意してください。

 また、駐車スペースがクルマ用の広さとなっているため、バイクなら複数台を駐輪しても問題ないかと思う人もいるかもしれません。しかし、原則一枠に一台の駐輪が基本であり、ルールを破ると駐車違反になるので、こちらも注意しましょう。一方都内の表参道や銀座付近などの大都市には、バイク専用のパーキングチケットも存在します。

パーキングメーターやパーキングチケットがない場所では、バイク専用駐車場を利用しましょう

 ちなみに、標準的なパーキングメーター、パーキングチケットの料金体系は「60分300円」が主流ですが、バイク用は「60分100円」とリーズナブル。バイクは駐輪場所が整備されていない地域も多く、四輪以上に駐輪場所に困るため、パーキングメーターやパーキングチケットを積極的に活用していくのもおススメです。

【了】

【画像】パーキングメーターやパーキングチケットを画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事