自転車で公道を走る場合の交通ルールを解説! 事故を起こさない為の注意点とは

車道を走る自転車を、邪魔に感じたことはありませんか? 自転車で公道を走る場合にも、キチンとルールが定められています。いったいどのように、規定されているのでしょうか。

自転車の車道での走行ルール

 自転車も道路交通法によって、ルールや違反した際の罰金が明確に定められています。

道路交通法上、自転車は「軽車両」と位置付けられています
道路交通法上、自転車は「軽車両」と位置付けられています

 まずひとつ目のルールは、自転車は車道を走行することが原則です。道路交通法上、自転車は「軽車両」と位置付けられています。当然のように歩道を走る自転車が多いため、意外に知らない人も多いかもしれません。そのため、「自転車なのに車道を走行していて危ないな」と思っても、法律で定められているため、違反ではないのです。なお、違反した場合は3か月以下の懲役、または5万円以下の罰金が課せられます。

 一方、下記3つの状況において、例外も定められています。

 まず、歩道に「普通自転車歩道通行可」の標識等がある場合。続いて、13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、身体の不自由な人が自転車を運転しているとき。そして、普通自転車の通行の安全を確保するために、やむを得ないと認められる場合です。

 この、「やむを得ないと認められるとき」という表現が曖昧ですが、「道路工事や連続した駐車車両などのために、車道の左側部分を通行するのが困難な場所を通行する場合や、著しく自動車の通行量が多く、かつ、車道の幅が狭いなどのために、追越しをしようとする自動車などの接触事故の危険性がある場合など」とされています。とはいっても、このやむ得ない場合というのは最終的には個人の判断になってしまっているのが現状です。

自転車で車道を通行する際は、クルマと同じく左側通行です
自転車で車道を通行する際は、クルマと同じく左側通行です

 ふたつ目は、車道の左側を通行しなければならないというもの。自転車で車道を通行する際は、クルマと同じく左側通行です。そのため、「自転車を除く」とされた一方通行の道路を逆行するときも、左側を走行する必要があります。

 一方で、歩行者の通行に大きな妨げとなる場合や、白の二本線標示(歩行者専用路側帯)がある場合を除き、路側帯をとおることも可能です。

 また、道路交通法18条では「1車線しかない道路では自転車は道路の左端に寄って通行しなければならない」とも定められているほか、道路交通法20条により、片側2車線以上の道路では一番左の車線を走行しなければなりません。

 これらに違反した場合は、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が課せられます。

まだまだ存在! 意外に知らない自転車のルール

 3つ目は、自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければならないというものです。歩道は歩行者優先であり、歩行者の通行を妨げてしまう恐れがある場合は、一時停止をしなければなりません。違反した場合は、罰則として2万円以下の罰金または科料が課せられます。

自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません
自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません

 その他にも、自転車にはさまざまな交通ルールと罰則が定められています。飲酒運転をおこなった場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金(酒酔いの場合)。ふたり乗りは、道路交通法57条2項に基づき原則違反とされており、2万円以下の罰金または科料が課せられます。

 また、自転車は軽車両に分類されるため、並走は禁止。違反した場合は、2万円以下の罰金または科料、無灯火の場合は5万円以下の罰金が課せられることになります。

 このように、自転車にも列記とした法律は定められているのですが、自転車の運転には免許が不要なため、必ずしもすべての人がルールを把握しているわけではありません。そのため片側1車線の道路で真ん中を走る人や、無灯火、イヤホンをしながらの運転も目立ち、ヒヤッとさせられることも多々あるでしょう。ルールを守っていない自転車は追い抜きにくく、邪魔となるだけでなく危険です。

 無意識に邪魔な運転をする自転車の後ろを走行する場合は、とにかく「無理な追い抜きは厳禁」ということを徹底するようにしましょう。無理に狭いスペースで追い抜こうとすると、接触事故になりかねません。また、自転車は小回りが効くため、左端を走っていたのに路上駐車を避けるために突然隣の車線に移るといったことも考えられます。

 自転車の後続になった場合は、十分に注意を払い、追い抜く際は必ず余裕を持っておこないましょう。

【画像】自転車の交通ルールを画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事