冷えは油断大敵!揃えておきたいおすすめ防寒グッズとは

手足が冷えやすくなる冬の時期は、ライダーにとっても厳しい季節です。安全性の面から見ても、手足の冷えは大敵。そんな冬場の運転に備え、どんな防寒グッズを揃えておけば良いのでしょうか。

おすすめ防寒グッズを5つピックアップ!

 手足が冷えやすくなる冬の時期は、ライダーにとっても厳しい季節。安全性の面から見ても、手足の冷えは大敵です。そんな冬場のツーリングに備えて、オススメの防寒グッズをご紹介します。

冬の時期は、首周りの防寒に役立つネックウォーマーがオススメ
冬の時期は、首周りの防寒に役立つネックウォーマーがオススメ

 外気が下がる秋冬の、ライダーが感じる体感温度は温度計の気温と大きく違い、想像以上に極寒です。そのため、真冬のツーリングを楽しむためには、しっかりと防寒グッズを揃えておくと安心です。

 まずひとつ目は、首周りの防寒に役立つネックウォーマーがオススメ。バイクでの走行中は、首回りに風が入り込むと体全体を冷やしてしまい、体が動きにくくなるなど危険です。

 そこで、首周りを温めるためのネックウォーマーを巻いておくと良いでしょう。ひとことでネックウォーマーといっても、さまざまな商品がラインナップされていますが、ボア生地の間に防風生地が挟まれている仕様のものは、首周りからの走行風の進入を防ぎ、首元や背中、体全体の体温が奪われるのを防いでくれるため、オススメ。

ネックウォーマーは、首だけのものや口元まで、頭と口元まで被るタイプなどが販売されています
ネックウォーマーは、首だけのものや口元まで、頭と口元まで被るタイプなどが販売されています

 また、首だけのものや口元まで、頭と口元まで被るタイプなど、さまざまなバージョンから選ぶことができるほか、その時の温度や天気、使用しているヘルメットに合わせて使い分けることが可能なネックウォーマーも、販売されています。

 厚手のマフラーでも首周りの防寒は可能ですが、ヘルメットを被るライダーにとって機能は不十分。ネックウォーマーでしっかりと首周りをカバーし、完璧な防寒対策を心がけましょう。

 ふたつ目におススメの防寒グッズは、電熱グローブです。昨今、電熱仕様のジャケットやパンツ、ベストなど電熱機能が搭載された防寒グッズのラインナップが増えており、防寒具の性能がさらに向上しています。しかし、電熱仕様の防寒具の欠点は、バッテリーの充電が切れると防寒具としての機能が落ちること。加えて、バッテリーは消耗品であるため、持続時間が徐々に短くなっていきます。

 そこで、電源が別売りとなっており、スタイルに合わせて選ぶことができる商品が増えてきました。なかでも、電熱グローブを購入する際は、シガーソケットからコードで電源が取れるケーブルキットや、充電したバッテリーから電源を確保する場合は、バッテリーキットの併用がオススメです。

 また、プロテクターで手の甲がガードされていたり、CE規格の衝撃吸収フォームが指先に装備されているものを選べば、通常のグローブとしても使用可能なため、尚よし。秋冬だけでなく、春にもグローブとして使用できる点も魅力のひとつです。

まだまだあるよ!バイク用おススメ防寒グッズ

 3つ目におススメしたい防寒グッズは、手首足首用ウォーマーです。防寒といえば「首」と名前が付く箇所である、首、手首、足首を冷やさないことは必須です。

 手首足首用ウォーマーは使い方も簡単で、手首と足首に巻くだけ。その他にも、最大40%も伸びる生地が使用されていたり、袖口と裾口をしっかりとカバーしてくれるものも存在。隙間風を防ぐことで、走行風で体温が奪われることを防いでくれるため、寒い時期の運転に重宝するアイテムといえるでしょう。

マウンテンパーカー仕様のライディングジャケットは、なかに追加で着込むことが前提となっています
マウンテンパーカー仕様のライディングジャケットは、なかに追加で着込むことが前提となっています

 そして4つ目におススメしたい防寒グッズは、マウンテンパーカーをライダー用にアレンジしたアウターがおすすめです。マウンテンパーカー仕様のライディングジャケットは、なかに追加で着込むことが前提となっているため、秋冬だけでなく、春になっても着用できるライダー向け便利グッズともいえる存在です。

 また、5つ目のおススメ防寒グッズとしては、膝の関節とふくらはぎを防寒してくれるニーウォーマーも良いでしょう。膝の関節とふくらはぎは、防寒対策をきっちりとしていても、走行風で冷えてしまう場所です。そのため、防風、防寒仕様かつ中綿の製品がおススメ。バタつきにくい、スリムフィット仕様の商品を選ぶと良いでしょう.

 ニーウォーマーにはニーパッドが付いているものもラインナップされているため、プロテクターとしても有効。装着はニーウォーマーの後ろをマジックテープで開いて巻くだけのものなど、靴を脱ぐ手間が省けるものも用意されています。

※ ※ ※

 寒い季節にバイクを運転していると、ライダーの体感温度はかなり低くなるため、防寒対策を怠っていると、ハンドルの操作ミスなど、事故につながる可能性が増加します。

 そうならない為にも、本格的に寒くなる前に防寒グッズを揃え、快適なツーリングができる環境を整えると安心です。

【画像】防寒対策の画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事