気軽に乗れる排気量50cc以下の原付一種スクーター、ヤマハの「Jog(ジョグ)」と「Vino(ビーノ)」に乗ってみました!

排気量50cc以下の原付一種スクーターは、値段や維持費が安くて、普通自動車免許でも乗れる手軽さが何よりの魅力です。そこで、ヤマハのスポーティーな「Jog(ジョグ)」とレトロポップな「Vino(ビーノ)」に乗ってみました。

手軽で便利、根強い人気がある原付スクーター

 二輪車の一番小さな排気量の区分は50cc以下の原付一種。一般的に「原付」と呼ばれています。車体価格がリーズナブルなのはもちろん、低燃費で保険や税金も比較的安価。コストパフォーマンスに優れています。

普通免許証があれば運転できる原付一種スクーターは魅力的
普通免許証があれば運転できる原付一種スクーターは魅力的

 しかも、うれしいのが普通自動車免許があれは運転できるところ。車に乗れるなら、新たに免許を取得せずともバイクライフをスタートできます。オートマチックエンジンのスクーターだったら運転操作も簡単。気軽で便利なのが大きな魅力です。

 一方で、最高速度が30km/hに制限されていたり、交差点では二段階右折が必要だったり、二人乗りができなかったりと、原付ならではの不便なところもありますが、買い物や通勤など、生活の足として大活躍。日本自動車工業会によると、2021年上半期(1~6月)の原付第一種の出荷統計は6万717台で、前年同期を100.4%と増加傾向。根強い人気があります。

ヤマハの原付一種スクーター「JOG(ジョグ)」
ヤマハの原付一種スクーター「JOG(ジョグ)」

 働くママライダーである私にとっても原付スクーターは気になるところ。そこで、今回はヤマハの原付スクーターをフューチャー! ヤマハのスポーティーな「Jog(ジョグ)」とレトロポップな「Vino(ビーノ)」に乗ってみました。 

毎日の暮らしが楽しくなるレトロでポップなファッションスクーター「ビーノ」!

 レトロでポップなスタイルの原付一種スクーター「ビーノ」。キャンプブームに大きな影響を与えたコミック「ゆるキャン△」に登場するキャラクター志摩リンちゃんの愛車としても知られています。TVアニメや実写ドラマ化もされたこともあって大人気。カワイイ系スクーターの代表格的な存在です。

レトロでポップなスタイルが特徴の「Vino(ビーノ)」(写真:ゆるキャン△仕様)
レトロでポップなスタイルが特徴の「Vino(ビーノ)」(写真:ゆるキャン△仕様)

 ちなみに私にとってビーノといえば1997年に初登場した際、当時大人気だった女性デュオPUFFYがTVCMで「うちから5kmの大冒険!」と言っていたイメージ。当時からレトロでかわいくてポップ! それは24年たった今でも同じだったりします。

 2018年から製造がホンダからのOEM供給となりましたが、ボディに埋め込まれた一体式のヘッドライト、レトロでかわいい印象は一緒。こうして、現在まで残ってくれていることがうれしくなっちゃいます。

2018年からはホンダからのOEM供給となった「Vino(マホガニーブラウンメタリック)」
2018年からはホンダからのOEM供給となった「Vino(マホガニーブラウンメタリック)」

 カラーはマホガニーブラウンメタリック(ブラウン)。光沢のあるミルクチョコレートみたいな色で、可愛らしくも上品で大人っぽい雰囲気。レトロなスタイルにもマッチしています。

アナログタイプの速度計は、見やすくレイアウトされています
アナログタイプの速度計は、見やすくレイアウトされています

 ハンドル中央にセットされたメーターパネルは、アナログタイプの速度計が大きく見やすくレイアウトされています。時計と燃料計もあり、エンジンオイルの交換時期が表示、設定できるので便利です。

 フロント右側には500mlのペットボトルが収納できるインナーボックスを設置。中央には0.5㎏の重さまで掛けられる折りたたみ式の大型フック、左側には12Vのアクセサリーソケットを内蔵したグローブボックスを装備しています。

シート下の容量20Lのトランクは、ヘルメットや小物を収納できます
シート下の容量20Lのトランクは、ヘルメットや小物を収納できます

 シートのトランクの容量は約20リットル。私のフルフェイスは入りませんでしたが、ジェットタイプのヘルメットなら1つ収納できそう。何かと持ち物の多い私に普段でも使いやすそうです。

 またがってみると、身長158cmの私で両足がしっかり接地。軽くて取り回ししやすいので、小柄な女性でも不安なく扱えます。

意外とパワフルで滑らかな走りを見せた原付一種スクーター「Vino」
意外とパワフルで滑らかな走りを見せた原付一種スクーター「Vino」

 いざ走り出してみると排気量は50ccですが、意外とパワフルで滑らか。後輪ブレーキの左レバーを操作すると、前輪にもほどよく制動?を配分。バランスよくブレーキングのサポートをしてくれるコンビブレーキシステムを搭載しています。軽量なのに安定感があって、軽快に乗りこなせるので街乗りにピッタリ!

燃費に貢献する「アイドリングストップ機能」を搭載
燃費に貢献する「アイドリングストップ機能」を搭載

 また、信号待ちなどで停?すると?動的にエンジンをストップしてくれる「アイドリングストップ機能」を搭載。機能をオンにしておくと、停?すると?動的にエンジンがストップ。青信号になってアクセルをひねるとスムーズに再始動。燃料の余分な消費や騒?、排出ガス低減に貢献してくれます。

 それになんと言っても愛らしいデザインに気分がアガります。カラーバリエーションも6色と豊富で好きなのもポイント。毎日の暮らしを楽しくしてくれる見た目って大切です。

■YAMAHA ビーノ
全長×全幅×全高:1650×670×1015mm
軸距:1180mm
最低地上高:105mm
シート高:720mm
車両重量:81kg
エンジンタイプ:水冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
総排気量:49cc
内径×行程:39.5×40.2mm
圧縮比:12.0:1
最高出力:3.3kW(4.5PS)/8000rpm
最大トルク:4.1N・m(0.42kgf・m)/6,000rm
燃料タンク容量:4.5L
タイヤ:前80/100-10 46J、後80/100-10 46J(前後チューブレス)
ブレーキ形式:前後 機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式:前 テレスコピック式、後 ユニットスイング
フレーム形式:アンダーボーン
■メーカー希望小売価格:20万3500円(税込)

【画像】ヤマハの原付一種スクーター「JOG」と「Vino」の詳細を画像で見る(19枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事