レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション! ヤマハ『MT-25』ツーリング

CEVレプソルインターナショナル選手権に参戦するレーシングライダー石塚健選手の、ヤマハ「MT-25」公道インプレッションです。

公道での初バイクはヤマハ「MT-25」

 皆さんこんにちは!レーシングライダーの石塚健です。今回は、ツーリングで乗った、ヤマハ「MT-25」のインプレッションを書かせて頂きます。

マハ「MT-25」に乗る筆者(石塚 健)
マハ「MT-25」に乗る筆者(石塚 健)

 MT-25は、僕が公道を初めて走った記念すべき中型バイク。もちろん、乗ったのは今回が初めてです。

 乗ってみてまず思ったことは、とても走りやすくスムーズという印象。乗る前に、実際に車両を見た段階では、タンクが大きく思っていたより横幅が広いことや、アップハンドルな部分に「重そうだな」、「素直に旋回するかな?」と、運動性能を少し疑ってしまいましたが、いざ乗ってみるとそんなことはまったくありませんでした。

 タンクに関してもニーグリップがしやすい設計になっていると実感。

 まず、跨って走り出すのがとても気楽だし、シートに座った時の程よい硬さが個人的にはとても好み。身長165cmの僕でも、つま先は十分路面に付くので、小柄な人でも足付きは心配ないと思います。

マハ「MT-25」と筆者(石塚 健)。身長165cmでも足付き性に不安はありません
マハ「MT-25」と筆者(石塚 健)。身長165cmでも足付き性に不安はありません

 それから、ギアチェンジがスムーズで、かなり操作しやすい! サーキットで乗るバイクでは、市販車でもニュートラルに入れる際に手こずることもしばしばですが、MT-25はニュートラルに素直に入ってくれるので、公道でのストップ&ゴーが楽々。

 また、高速道路に入ると、より一層上半身が起きる姿勢になるので視界が広くとれるし、そのおかげでメーターも見やすかったです。

 ギアポジションやスピードも瞬時に確認でき、ライダーの入力に対して素早く反応してくれるから、安心して快適に走行できる1台。

 ただ、中回転域でハンドルに微妙な振動があり、長時間走っていると少し手が痺れてきてしまうという短所もありました。

 この時ツーリングで行った奥多摩のワインディングロードでは、マシンの切り返しが多く、落ち葉などの障害物が多かった為、フロントの接地感がボヤけるんじゃないかと注意しながら走っていましたが、徐々にバンク角を増やし、スピードを上げていっても怖さなどを感じることは無く、それどころか道路の凸凹なども吸収してくれるような柔らかいサスペンションのストローク感と、奥でグッと踏ん張ってくれるしっかり感、そしてスムーズなトルク感がかなり心地よく、キチンとしたスポーツ性能も持っていることが実感できました。

マハ「MT-25」に乗る筆者(石塚 健)
マハ「MT-25」に乗る筆者(石塚 健)

 250ccだからといって、まったくチープな感じもありません。強いていうなら、フロントブレーキの効きはもう少し強くてもいいかなと思いました。

 どっしりとしたインパクトのある見た目のわりに、とても乗りやすく、マシンが軽くて取り回しも楽。街乗りが多い人や、これからバイクデビューする皆さんには、おススメしたい1台です。

【画像】見た目では想像できない乗りやすさ! ヤマハ「MT-25」を画像で見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事