カワサキ「Z900RS 50th Anniversary」発売 「Z1」を彷彿とさせる特別仕様車登場

カワサキは「Z1」の相性で知られる往年の名車「900 Super 4」からインスピレーションを受けたレトロスポーツ「Z900RS」の特別仕様車「Z900RS 50th Anniversary」を発売します。どのような特徴を備えているのでしょうか。

専用装備を装備した50周年記念モデル

 カワサキは「Z1」の相性で知られる往年の名車「900 Super 4」からインスピレーションを受けたレトロスポーツ「Z900RS」の特別仕様車「Z900RS 50th Anniversary」を2022年2月1日に発売します。

カワサキ「Z900RS 50th Anniversary」
カワサキ「Z900RS 50th Anniversary」

 過去に大ヒットを記録した「900 Super 4」の雰囲気を踏襲してデザインされたZ900RSは、2018年の登場以来、堅調なセールスを記録してきた大型ネオレトロ・ネイキッドモデルです。

 Zシリーズの誕生50周年を記念して登場したZ900RS 50th Anniversaryは、排気量948ccの4気筒エンジンや足回り、外装類のデザインはそのままに「火の玉カラー」の愛称で知られているファイヤーボールのカラーグラフィックを採用。

カワサキ「Z900RS」2022年モデル
カワサキ「Z900RS」2022年モデル

 フューエルタンク上部にはZ50周年ロゴ、サイドカバーや左右エンジンカバーには専用エンブレム、デザインを強調するゴールドカラーのホイール、上質感を高めるシボ入り(シワ模様入り)の専用シート表皮、標準装備されたグラブバーなどを備えることでZ1を彷彿とさせるイメージへと仕上げられています。

 Zシリーズの誕生50年の節目に相応しい仕様とされたZ900RS 50th Anniversaryの価格(消費税10%込)は149万6000円となっています。

【画像】カワサキ「Z900RS 50th Anniversary」の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事