ストレートで加速時もブレーキ!? 中上貴晶が明かす仰天MotoGPテク!!

ロードレース最高峰「MotoGP」クラスにフル参戦する唯一の日本人ライダー、中上貴晶選手のトークショー&サイン会が2021年1月8日、ライコランドTOKYO BAY東雲店で開催されました。

イクソン主催で大盛況

 ロードレース最高峰「MotoGP」クラスにフル参戦する唯一の日本人ライダー、中上貴晶(なかがみ たかあき)選手(LCR Honda IDEMITSU)のトークショー&サイン会が、2021年1月8日にライコランドTOKYO BAY東雲店で開催され、多くのファンが足を運びました。

ロードレース最高峰「MotoGP」クラスにフル参戦する中上貴晶選手のトークショー&サイン会がライコランドTOKYO BAY東雲店で開催された
ロードレース最高峰「MotoGP」クラスにフル参戦する中上貴晶選手のトークショー&サイン会がライコランドTOKYO BAY東雲店で開催された

 正月気分も抜けかけようとしている3連休初日のライコランドTOKYO BAY東雲には、大勢のバイクファンや中上貴晶推しが押し寄せました。

 MotoGP最高峰クラスで活躍する中上選手は今、オフシーズンの短い休暇を日本で過ごしていますが、「日本のファンと交流したい」というご本人の強い希望から、今回のトークショー&サイン会が実現したそうです。

2021年シーズンから中上選手にレーシングスーツを提供している「IXON(イクソン)」
2021年シーズンから中上選手にレーシングスーツを提供している「IXON(イクソン)」

 主催したのは、2021年シーズンから中上選手にレーシングスーツを提供している「IXON(イクソン)」。1996年にフランスで創業したライディングウェアブランドで、現在では約70か国で販売されています。

 ちなみに、同じMotoGPライダーでは、KTMのB.ビンター選手やM.オリベイラ選手、アプリリアのA.エスパロガロ選手らが、同社のレーシングスーツを愛用しています。

ファンを大切にする姿勢を目の当たりに

サイン会や撮影会では、ファンのひとりずつと気さくに会話をする姿が、じつに印象的
サイン会や撮影会では、ファンのひとりずつと気さくに会話をする姿が、じつに印象的

 マスクの着用、消毒の徹底はもちろん、屋外での開催でソーシャルディスタンツを保つなどの感染防止対策がしっかりとおこなわれるなか、サイン会や撮影会では、ファンのひとりずつと気さくに会話をする姿が、じつに印象的でした。

 また、30分を超えるトークショーでは、主催者によって中上選手のために椅子が用意されていましたが、「お客さんたちが立って見てくださっているのに、自分だけ座って話す訳にはいきません」と、立って話すカタチに急遽変更。ファンを大切にする中上選手の姿勢が、伝わってきます。

中上選手のゼッケンである「30」を付けた中上レプリカ仕様で来場したファンのバイクに跨ってツーショット写真を撮るという大サービスも!
中上選手のゼッケンである「30」を付けた中上レプリカ仕様で来場したファンのバイクに跨ってツーショット写真を撮るという大サービスも!

 サイン会では、中上選手のゼッケンである「30」を付けた中上レプリカ仕様のホンダ「CBR600RR」で来場したライダーが、スマートフォンでバイクの画像を見せると、なんと一緒に駐輪場まで歩き、そのバイクに跨ってツーショット写真を撮るという大サービスも。

イベントの最後には、10名にサイン入りカレンダーを抽選でプレゼントするというサプライズもあり
イベントの最後には、10名にサイン入りカレンダーを抽選でプレゼントするというサプライズもあり

 イベントの最後には、10名にカレンダーをプレゼントするというサプライズもあり、ファンの笑顔は絶えません。

 中上選手自身も、マスク越しでソーシャルディスタンスをしっかりと取りながらも、「応援してくれる日本のファンとの交流を満喫できました」と、大満足の様子でした。

素顔を垣間見ることができたトークショー

 ここからは、トークショーでの質疑応答の様子をお伝えします。

トークショーで質疑応答に答える中上選手
トークショーで質疑応答に答える中上選手

●昨今の情勢で日本グランプリが2年続けて中止となり、久しぶりの帰国となりますが、いかがお過ごしでしょうか?

bシーズン中はまったく帰ることのできない状況でしたので、正直なところ早く帰りたいなって思っていました。シーズンを終えて11月末頃にようやく帰国でき、自宅隔離期間を終えたのですが、日本では自分がより自然体でいられるなって思います。

●メンタル面でもより良い状態をつくるという意味では、日本帰国は有意義ですね。

 そうですね。家族とも、ゆっくりと過ごすことができました。

●2021年12月19日には、約4000人のファンが集まったRed Bull Race Day(レッドブル・レースデイ、明治神宮外苑特設コース)でホンダ「RC213V-S」をライディングしました。

Red Bull Race Dayでは、神宮外苑特設コースでホンダ「RC213V-S」をライディング
Red Bull Race Dayでは、神宮外苑特設コースでホンダ「RC213V-S」をライディング

 大きなイベントはほぼ2年ぶりで、ファンの皆さんと一緒に自分自身も楽しめました。

●アラゴンGPで日本人ライダーとして初の通算200戦に到達。MotoGP最高峰クラスは今年で5年目となりますが、まずは昨シーズンを振り返ると?

 リザルトも満足できるものを残せませんでしたし、正直なところ厳しいシーズンとなってしまいましたが、そのなかで学んだこともたくさんありました。昨シーズンのことも前向きに捉え、今シーズンに向けてしっかりと準備をし、4年間で学んだことをリザルトに反映したいと、切り替えています。

●近年、バトルが熾烈化し、1秒差以内に15台がひしめくなんてことも。その渦中にいて、いかがでしょうか?

 本当に高いレベルのなかで競い合って、1000分の1秒差で順位が変わるっていうのは気が抜けませんし、厳しさもありますが、面白味ややりがいもあって、誰にでもチャンスがあるっていうのはいいことだと思います。

●最高峰クラスならではの難しさ、厳しさもあるのですね。

 ありますね。マシンとライダー、チームの総合力が重要になってきています。ファンの皆さんは見ていて面白いと思いますし、そんななかで自分の位置を上げていきたいです。自分は、もう来シーズンがすごく楽しみです。

【画像】中上貴晶選手のトークショー&サイン会の模様を画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事