ジャレッド・レトが血に飢えた怪物に変身!? 最新マーベル映画『モービウス』

ジャレッド・レトが、天才医師と血に飢えたヴィランという二つの顔を持つ男を熱演するマーベル映画『モービウス』が、2022年4月1日(金)より全国ロードショーされます。

果たしてヴィランなのか、ヒーローなのか?

 マーベル映画に新たなヴィラン、いやダークヒーロー? の登場です。その名は『モービウス』。マーベル・コミックでスパイダーマンの宿敵として描かれているモービウスですが、その素顔は命を救うことに情熱を注ぐ天才医師マイケル。血に飢えたヴィランと命を救う医師という二つの顔を持つ男を、アカデミー賞受賞俳優ジャレッド・レトが演じます。

『モービウス』(c)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.
『モービウス』(c)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

 天才医師のマイケル・モービウスは、幼いころから血液の難病を患っていました。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロ(マット・スミス)のためにも、1日でも早く治療法を見つけ出したいという強い思いから、マイケルは実験的な治療を自らに施します。“コウモリの血清を投与する”という危険すぎる治療法に手を出した彼の身体は、死にかけていたとは思えないほど激変し……。

 マイケルは全身から力がみなぎり、隆起した筋肉で覆われ、超人的なスピードと飛行能力、さらには周囲の状況を瞬時に感知するレーダー能力を手にします。しかしその代償として、抑えきれない“血への渇望”に襲われることに。それはまるで血に飢えたコウモリのようで……。自らをコントロールするために人工血液を飲み、薄れゆく“人間”としての意識をギリギリ保つマイケルに、その血清を投与してほしいと懇願するマイロ。「危険すぎる」と拒み続けるマイケルでしたが、その頃ニューヨークの街では全身の血が抜かれる殺人事件が頻発していました……。

ドゥカティ「モンスター1200S」
ドゥカティ「モンスター1200S」

 すさまじくダークな物語であることは予告編からも伝わってきますが、マーベル映画だけにアクションの迫力も折り紙付き。人間を超越したマイクの身体能力は、観ていて不思議な気持ち良さすら感じてしまいます。10年以上前にドゥカティ・モンスターにノーヘルメットで跨る姿をパパラッチされたことがあるジャレッド・レトですが、もはやモービウスは乗り物すら必要ない反則級のダークヒーローです。

『モービウス』(c)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.
『モービウス』(c)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

 DCコミックス映画ではバットマンの宿敵ジョーカーを演じたこともあるジャレッド・レトが、その眩しいまでの肉体美を見せつけてくれるマーベル映画『モービウス』は、2022年4月1日(金)より全国ロードショーです。

『モービウス』予告編

【画像】マーベル映画『モービウス』の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事