気分は「トップガン」! 横田基地友好祭へ行ったよ

バイクタレントとして活躍する岸田彩美さんが横田基地で開催された友好祭を訪れました。会場には米軍が使用する様々な軍機が展示されていたようです。

話題の「トップガン マーヴェリック」を身近に感じるために

こんにちは。バイクタレントの岸田彩美です。約一年間のスペインの留学生活を終えて、先日日本に帰国しました。まだまだお伝えしたいネタがこんもりあるので、そちらは引き続きお伝えしていきます。

岸田彩美さんと「F15C」
岸田彩美さんと「F15C」

 いよいよ待ちに待った映画“トップガン マーヴェリック”も間近ですね。ナイスタイミングで5月21・22日に「横田基地友好祭」が行われたので数年ぶりに遊びに行ってきました。映画を観る前に、少しでも世界観を感じておけば、より映画も楽しめるかな~と思ったのです。とは言っても、超素人目線となりますが……お付き合いいただけますと嬉しいです。

 横田基地に入るまでには長蛇の列。約1時間待って、入り口で身分証明書と荷物検査をしてようやく入場できました。新型コロナウイルスの影響により3年ぶりの開催となったこともあって、待ちに待った方も多かったのではないでしょうか。

 横田基地のある16号沿いには、地元の方が用意した臨時駐車場もあり、バイクや車で行くこともできましたが、周辺は渋滞しますので公共交通機関を推奨します。

 このイベントは年に一度だけ行われ、様々な戦闘機や機体の展示、アメリカの雰囲気を感じられるステージイベントや食事などを楽しめる開放日! 操縦席の見学など内部に入れる機体もあって、こちらも長蛇の列でした。

 一番人気は「CV-22」通称オスプレイかな……? オスプレイは有事の際、初動対応を行う米軍部隊を輸送することが主な任務だそう。

 レーダーに映らないことが特徴で、全体的なフォルムがシャープでツルンとしているアメリカ空軍所有のステルス多用途戦闘機の「F-35A」やクジラみたいな無人偵察機「グローバルホーク」もあり。ドローンのように人間が操作して動かせるということですよね。冷静に考えると……恐ろしい。。遠隔でなんでもできてしまう世の中です。

「横田基地友好祭」で展示された「F35」
「横田基地友好祭」で展示された「F35」

 また、話題の映画「トップガン」登場機と同じ機体はありませんでしたが、似ているF-15Cという機体を発見。映画の主役であるマーヴェリックが所属する海軍(Navy)と異なり空軍(Airforce)が所有しています。ちなみに、実際に映画の中で使われているのは「F/A-18スーパーホーネット」という機体なんだとか。

 米軍空軍所属基地の隊員さんに話を聞いたところ、青森の三沢からきているそうで、一年の半分(4~10月)は青森・三沢・もう半分はアメリカ・フロリダに滞在して勤務しているとのことでした。ずっと日本にいるわけではなく、半年ごとの交代制というのも面白いですよね。

尾翼に「隼」のロゴが配置された「セスナ172」
尾翼に「隼」のロゴが配置された「セスナ172」

このセスナを所有するオーナーさんはきっとバイク乗りと見た!

 スズキ「隼」のロゴ入り機体(セスナ172)やホンダジェットの展示、航空自衛隊所有のカワサキで製造されている中型輸送機「C-1」の展示もありました。

 友好祭は毎年9月ごろ行われているのですが、今年は少し早いみたいですね。ニュースで見た方も多いはずですが、アメリカ大統領バイデン首相がこの横田基地を使用して来日しましたが、もしかしてタイミング合わせたのかな……? なんて思ったり。そんなことはないと思いますが、その場に居れた方がうらやましいです。

 私は、はしゃぎすぎてやや熱中症気味になった為、少し早めに退散してしまい悔やまれますし、今年の夏が思いやられます(笑)

 横田基地友好祭は意外とバイクも作る会社との接点が多かったので、それも面白かったですね。少し視点を変えてみる、興味を持って足を運んでみるといろんな世界が広がっているな~と感じました。

 米軍基地だけでなく、日本の自衛隊の開放日もありますので、そちらもチェックしてみてください。最後までご覧いただきありがとうございました!

【画像】「横田基地友好祭」に展示されたアメリカ軍機を画像で見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事