関越道「高坂SA」で出会った見た目にも美味しい「豚丼」を堪能 バイクで行く高速道路グルメ

関越自動車道を東京から新潟方面にバイクで走っていた時に休憩で立ち寄った「高坂SA」は、サービスエリアならではのレストランも魅力的ですが、気軽に食べられる軽食コーナーも充実しています。

シンプルなメニューながら味の満足度は高く見映えもよろし!

 関越自動車道を新潟方面にバイクで走っていた時に休憩で立ち寄った「高坂SA」(下り)は、埼玉県東松山市に位置し、上りと下りの施設が階段で繋がっているため、利用者はどちらにもアクセスができる人気の休憩スポットです。今回は下り施設のフードコートに立ち寄りました。

関越道「高坂SA」(下り)の見た目にも美しい「豚丼」(950円)。タレで照らされた豚肉は味もなかなかのクオリティ
関越道「高坂SA」(下り)の見た目にも美しい「豚丼」(950円)。タレで照らされた豚肉は味もなかなかのクオリティ

 ここは大きなサービスエリア(SA)でレストランもありますが、24時間営業の軽食・フードコートも内容では負けていません。スナックコーナーは7時から20時の営業となっています。

 さて、今回オーダーしたのは「豚丼」(950円)です。単品メニューとしては安くはないので、味のクオリティを期待せずにはいられません。そして出来上がりを見て最初に思ったのは、「見栄えが良い!」です。食レポを楽しむ身としては、やはり「映える」ほうが嬉しいというものです。

 ふんだんに盛られた甘辛い味つけの豚肉の上に、白髪ねぎとサフランで彩られた丼となっています。豚肉の量は多めですが、しつこさもなく旨味があって食べやすいもの。ご飯の量は普通ですが、肉のボリュームで満足できました。

 みそ汁と浅漬けが付いてきましたが、とくに可もなく不可もなくといったところ。しかしシャキシャキ歯応えで口の中がさっぱりとするキャベツとキュウリの浅漬けは、豚丼との相性抜群でした。

屋根付きの2輪専用駐車スペースも完備されている
屋根付きの2輪専用駐車スペースも完備されている

 食後に施設内を観察したところ、昨今のワークスタイルに合わせて「1回2時間制のワークスペース」が用意されていました。まさか高速道路のSAに……と、時代の変化を感じてしまいます。また、キャプテンスタッグなどのキャンプ用品も展示販売されており、テントやオイルランタン、メスティンなども買えるようです。これだけ揃っていれば、キャンプツーリング途中の買い足しもできそうです。

【画像】関越道「高坂SA」で出会った見た目にも美味しい「豚丼」を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事