GPX「デーモンGR200R 4v」は50万円以内で楽しめる200㏄クラスのフルカウルロードスポーツ!

タイで人気のバイクブランド「GPX」のフラッグシップモデル、「デーモンGR200R 4v」に試乗しました。

バイク王国タイから来た200㏄フルカウルロードスポーツ

 そもそも、GPXというバイクブランドを知らないという人も多いと思いますが、タイ国内で第3位のバイクメーカー「GP Motor Co.、Ltd」が手掛けるブランドです。

 そんなGPXが誇るフルカウルのフラッグシップモデル「デーモンGR200R 4v」に試乗しました。

GPX「デーモンGR200R 4v」にまたがる筆者(先川知香)
GPX「デーモンGR200R 4v」にまたがる筆者(先川知香)

 タイといえばバイクが生活の足になっているほど、バイク人気の高い国ではありますが、それは125ccや150㏄といった小排気量。しかも、アンダーボーンと呼ばれるスクーター型のバイクが主流というイメージを持っていた私(先川知香)ですが、今回試乗させてもらったのは、排気量200㏄のフルカウルモデル。

 水冷4ストローク単気筒198ccのSOHCエンジンを、トレリス構造のフレームに搭載したスポーツモデルとして2020年に登場した1台です。

 現在は、2バルブエンジンの2vと4バルブ化された新エンジンの4vの2車種がラインナップされていて、私はNEWモデルとなる4vに試乗させて頂きました。

GPX「デーモンGR200R 4v」のフロントデザイン
GPX「デーモンGR200R 4v」のフロントデザイン

 まずは見た目。タイのバイクといえば、どうしてもアンダーボーン系のスクーターを思い浮かべてしまい、走りは楽しめるけど、見た目は昆虫みたいであまり好きにはなれないというイメージが強かった私でしたが、デーモンGR200R 4vの作りこまれたスポーティーなカッコよさにビックリ。

 ヘッドライトが一般的なスポーツバイクで思い浮かべるより少し下の、シュラウドの先端部に付いている点が斬新で、デーモンという名前に相応しい独特な存在感。視覚的に低重心に感じるスタイルが、海底を泳ぐマンタのような迫力ある走りを見せてくれます。

 足つきは、排気量200㏄のスポーツモデルとしては少し車高が高く、身長165㎝の私で両足の指の付け根あたりまでは地面にしっかりと付くという感じ。

 国内メーカーのライバルモデルと比べると、ひと回り車体が大きく感じるため、ここは好みが分かれるかもしれません。

 国産250㏄クラスのロードスポーツに多い、スリムな車体が物足りないという人には、ちょうどいい大きさだと思います。

GPX「デーモンGR200R 4v」の走りを楽しむ筆者(先川知香)
GPX「デーモンGR200R 4v」の走りを楽しむ筆者(先川知香)

 そして走り。今回試乗会がおこなわれたのが、桶川スポーツランドというミニバイクコースだったこともあり、一般的な250㏄ロードスポーツよりひとまわり車体の大きなデーモンGR200R 4vを取りまわすには、私には少しハードルの高いレイアウトで、少し細かいコーナーでの扱いには苦戦しましたが、アクセルを開けるとしっかりと加速してくれ、急なハードブレーキングをしても大きく挙動を乱すことなく減速してくれるなど、車体自体には一切の不安を感じることはありません。

 それどころか、ライディングの上級者じゃないからこそ丁度いいといえるパワーとマシン性能で、ワンランク上のスポーツライディングを体感させてくれます。

 ライディング上級者にとってはパワーをフルに使ってライディングを楽しめる、ミニサーキットにはピッタリのオモチャ的存在で、一般レベルのライダーにはワンランク上の性能を誇る程よい練習機。

 使い方次第で、どんなレベルのライダーにもマッチする、サーキット遊びにピッタリの1台という印象です。

 そんなデーモンGR200R 4vの価格(消費税込)は、49万9400円。

 走行性能とデザインそして価格など、全方位でのバランスの良さが魅力のモデルとなっています。

【画像】GPX「デーモンGR200R 4v」の走りを楽しむ筆者(先川知香)を画像で見る(20枚)

画像ギャラリー

最新記事