扱いやすさが魅力の一つ 原付二種の電動バイクSUPER SOCO「TS STREET HUNTER」「TC WANDERER」

SUPER SOCOの原付二種の電動バイク、TS STREET HUNTERとTC WANDERER、そのどちらにも共通しているのは、シンプルな扱いやすさでした。

足つき性に優れた軽量な電動モデル

 電動バイクブランド「SUPER SOCO」の「TS STREET HUNTER(ティー・エス・ストリートハンター)」と「TC WANDERER(ティー・シー・ワンダラー)」は、原付二種クラスの電動バイクです。日本では、MSソリューションズの電動バイクブランド「XEAM」がSUPER SOCOの正規総代理店を務めており、TS STREET HUNTERは2022年2月にXEAMより発売され、TC WANDERERは今後、発売予定のモデルとなっています。

SUPER SOCO「TC WANDERER」と筆者(伊藤英里)
SUPER SOCO「TC WANDERER」と筆者(伊藤英里)

 今回の試乗では、この二つのモデルを乗り比べることができました。TS STREET HUNTERはスポーツネイキッド、TC WANDERERはスクランブラーをイメージさせるスタイルを持っています。

 シート高はTS STREET HUNTER、TC WANDERERともに760mmで、サスペンションが沈む感じが大きくないにもかかわらず、どちらも足つきは良好。身長153cmの筆者(伊藤英里)でも足の指がほぼつく感触でした。電動バイクは車体の横幅が比較的すっきりしていて足つきに干渉しないことが多いのですが、この二つのモデルもその例にもれず、といった印象です。

 また、車両重量の面でも軽量なため(TS STREET HUNTERは116kg、TC WANDERERは約116.7kg)、上り坂での取りまわしでもあまり苦労はせずにすみました。走行面以外のこうしたフレンドリーさは、特に小柄なライダーにとってバイクをより楽しめる要素になりそうです。

SUPER SOCO「TS STREET HUNTER」に乗る筆者(伊藤英里)
SUPER SOCO「TS STREET HUNTER」に乗る筆者(伊藤英里)

気になる走りの特性は?

 ところでこの二つのモデル、実際に走らせてみると走行面での大きな違いはないように感じました。違いはそのスタイル。どちらを選ぶのかは、どんなスタイルでバイクを楽しみたいのか、ということになるのかもしれません。というわけで、今回の走行インプレッションは、TS STREET HUNTERとTC WANDERERに共通したものとしてお伝えしていきます。

 走行モードは1(エコ)、2(ノーマル)、3(スポーツ)の3つです。これは出力特性が変わるものではなく、最高速の上限がそれぞれ1(エコ)で45km/h、2(ノーマル)で60km/h、3(スポーツ)で75km/hとなっています。走らせてみると、まず感じたのはしっかりした低速域のトルクです。

SUPER SOCO「TC WANDERER」に乗る筆者(伊藤英里)
SUPER SOCO「TC WANDERER」に乗る筆者(伊藤英里)

シンプルだからこそ親しみやすい

 このため、初速からの加速感はとても伸びやか。街乗りで交通の流れに十分乗れるだろうと思えました。一方で速度が上がっていくと、トルクが薄くなっていく印象も受けます。スピードに乗ったところであとちょっとだけトルクがほしい、そんなときに物足りなさはあるかもしれませんが、一般道路の法定速度60km/hを考えれば十分でしょう。

 また、回生ブレーキはどちらのモデルにも搭載されていないため、減速はブレーキ操作になります。内燃機関のギヤ付きバイクに乗り慣れていた筆者にとって、最初こそ物足りない気もする……と考えていました。しかし走らせるごとに、回生ブレーキの利きを考慮することなくブレーキで減速する、というシンプルな操作のメリットも感じました。シンプルだからこそ、より親しみやすいバイクと言えるかもしれません。

バッテリーの位置は従来のよりも低くなっており、低重心化を図っているという。バッテリーは1個13.8kg。取り外して充電も可能だ(TS STREET HUNTER)
バッテリーの位置は従来のよりも低くなっており、低重心化を図っているという。バッテリーは1個13.8kg。取り外して充電も可能だ(TS STREET HUNTER)

航続距離の伸長に期待!

 街乗りに、休日の少し遠出に、ちょうどいいパートナーになりそう。航続距離はTS STREET HUNTERが140km(バッテリー2個搭載時。1個の場合は70km ※2バッテリーモデルで75kgのライダーが平均時速45kmの条件下)、TC WANDERERはメーカーが公表しているもので110kmとなっており、今後、航続距離が伸びれば、ツーリングなどにも期待が持てそうです。

 発売中のTS STREET HUNTERのメーカー希望予定小売価格は、2バッテリーモデルの場合59万9,800円(消費税10%込み)、1バッテリーモデルの場合49万9,800円(消費税10%込み)となっています。

【画像】原付二種の電動バイクSUPER SOCO「TS STREET HUNTER」「TC WANDERER」を画像で見る(35枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊藤英里

モータースポーツジャーナリスト、ライター。主に二輪関連記事やレース記事を雑誌やウエブ媒体に寄稿している。小柄・ビギナーライダーに寄り添った二輪インプレッション記事を手掛けるほか、MotoGP、電動バイクレースMotoE取材に足を運ぶ。

最新記事