GSX-Rシリーズの末弟『GSX-R125 ABS』にガッツリ試乗!〜小野木里奈の○○○○○日和〜

『小野木里奈の○○○○○日和』は、全体的にスーパースポーツな印象でとてもアグレッシブな佇まいの『GSX-R125 ABS』にじっくりと試乗してみました。

GSX-Rシリーズの末っ子も立派なスポーツバイクだった!

 皆さん、こんにちは!小野木里奈です。今日はスズキ『GSX-R125 ABS』の試乗記でございます。スズキのバイクをこんなにじっくり試乗するのは初めて。ガッツリ初試乗のスズキのバイク、いってみましょう!

スズキの原付二種スポーツモデル『GSX-R125』に試乗します
スズキの原付二種スポーツモデル『GSX-R125』に試乗します

 私が試乗する『GSX-R125』のカラーは「トリトンブルーメタリック」です。この色を含めて3色展開になっています。目が冴えるような清々しい青色。ポイントカラーに、蛍光系のイエローやレッドがさらにこの鮮やかな青色を引き立たせているかのようですね。バイクメーカーにはイメージカラーがあるそうで、スズキにも勿論あります。

 そして、オンロードとオフロードのそれぞれにイメージカラーがあるそうです。オンロードが白と青の組み合わせで、オフロードが黄色なんだとか。私が試乗する『GSX-R125』のカラーリングはまさにスズキのイメージカラーになっています。私はスズキに対して黄色よりも青色の印象が強かったので、最初の試乗1台目としてはこのカラーリングは個人的にも「スズキ感」が強くてちょっと嬉しい気持ちに!(笑)

全体的にスーパースポーツな印象の『GSX-R125』
全体的にスーパースポーツな印象の『GSX-R125』

 全体的にスーパースポーツな印象でとてもアグレッシブな佇まいの『GSX-R125』。そう、このバイクは原付二種バイクなのです。これまで原付二種クラスのマニュアルバイクを試乗したことがありましたが、大抵車体が250cc以上のバイクに比べて一回りも二回りも小さい印象でした。ですが、『GSX-R125』は「え?これって原付二種なの?」と勘違いしてしまいそうなサイズ感なのです。

ハンドルはセパレートハンドル、シャッター付キーシリンダーも装備
ハンドルはセパレートハンドル、シャッター付キーシリンダーも装備

 ハンドルはセパレートハンドルになっていて、シャッター付キーシリンダーも装備しています。ハザードスイッチもついているので、後続車への知らせもすることができます。排気量が少ないほど機能装備も少ないイメージを私は勝手に持っていたので、このようなスイッチがあるのもありがたいです。

 また、スポーティーで威圧感もあるデザインで、フロント周りを横から眺めると前方が長めな印象を感じました。一方でタンク周りを上から見上げると意外にも足回りはスリムなのです。原付二種だからコンパクトな面もあれば、ずっしりとした一面も見せてくれます。

シート高は785mmで私(=身長160cm)が跨るとこんな感じ
シート高は785mmで私(=身長160cm)が跨るとこんな感じ

 それでは、恒例の足つきチェックでございます!

 私(=身長160cm)が跨るとこんな感じ。シート高が785mmと低身長ライダーや初心者ライダーにとっても嬉しい高さです。総重量も137kgで取り回しも楽々な重さでした。セパレートハンドルで動かしにくいかなと思いきや車体もスリムで重すぎないので、私でも取り回しを難しく感じませんでした。

勢いのあるエンジン音に感激

 それでは、いよいよエンジンスタートです!エンジンをかけると、原付二種とは思えないような勢いのあるエンジン音。アクセルを回すとさらに振動数が細かく奏でて、音量も元気よくあがります。

全体的にこれまで乗ったスーパースポーツよりも車体がコンパクトでニーグリップもしやすく車体のバランスを下半身で操作しやすい
全体的にこれまで乗ったスーパースポーツよりも車体がコンパクトでニーグリップもしやすく車体のバランスを下半身で操作しやすい

 実際に走行してみると、やはり全体的にこれまで乗ったスーパースポーツよりも車体がコンパクトで足回りも華奢な感じです。これはこれでニーグリップもしやすく車体のバランスを下半身で操作しやすいなと思いました。この日は長野の軽井沢で試乗しましたが、峠道のコーナリングも下半身で車体をしっかり操作できている感覚を楽しめます。

 排気量が小さいのでこれまでの大型バイクと同じ感覚ですぐにシフトを上げて加速をしてしまったので、上り坂では全然スピードを上げることができなかったのです。こういう場合は、シフトをすぐに上げるのを堪えて、まだ低速であればそれに相応しいギアの状態で走行する必要があります。排気量に応じてバイクの運転技術を使い分けなければならないこともこの日に痛感しました。

キビキビとライダーの体重移動に反応して車体が方向転換していくところが実に面白いバイク
キビキビとライダーの体重移動に反応して車体が方向転換していくところが実に面白いバイク

『GSX-R125』は、キビキビとライダーの体重移動に反応して車体が方向転換していくことが面白いバイクだなと思いました。反対に、原付二種だと排気量がどうしても小さいので、ベテランライダーで峠道に慣れている方は、加速の反応に少し物足りなさを感じるかもしれません。ですが、峠道は先が見えないですし、対向車を見つける時がたまたまコーナリング中や直前だったりすることもあります。初心者ライダーが峠道デビューする時は、スピードが出過ぎないこの『GSX-R125』でまず体験してみるのもいいかもしれません。

 実際に、私はスーパースポーツバイクで峠道をこんなに長く走り続けるのは初めてでしたが、速度が出過ぎないこともあって意外と余裕を持って運転することができました。

ワインディングを扱いやすい原付二種クラスの『GSX-R125』で楽しむのもオススメです
ワインディングを扱いやすい原付二種クラスの『GSX-R125』で楽しむのもオススメです

 原付二種クラスでも『GSX-R125』のようなスーパースポーツバイクがあると、スーパースポーツに憧れを持っているライダーの方は、このバイクで特有の運転姿勢やバランス感覚を楽しむことができるのではないでしょうか。私のように初めての原付二種クラスのスーパースポーツで峠道デビューしてみては?それではまた次回、お会いしましょう!

小野木 里奈 Rina Onogi

【画像】スズキ『GSX-R125 ABS』の画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 小野木里奈

女優。両親の影響で幼い頃にはバイクに憧れを持ち、23歳で大型バイクの免許を取得。いつか自分もお気に入りのバイクを見つけて、友達とツーリングに行くのが夢。初心者の立場で感じたことを素直に発信する。

最新記事