クルマとの違いはある? バイクでのETC利用法

高速道路や有料道路などの料金所で、ゲートを通過するだけで料金が支払えるETC。もちろんクルマだけでなくバイクも利用することができますが、利用方法はクルマと同じなのでしょうか。また、バイクならではの注意点などはあるのでしょうか。

バイクでETCを利用する際の注意点とは?

 ETCは、2001年から本格的に運用が開始されました。そして、現在では1日の利用率が9割を超えており、高速道路を利用するほとんどの車両がETCを利用しています。

 そんなETCは高速道路の料金所に設置されたアンテナと、車両に取り付けたETC車載器を無線通信によってつなぎ、通行料金を支払うシステムです。これにより、料金所でバイクを停止させることなく、キャッシュレスで料金所をスムーズに支払うことが可能となりました。

バイクでETCを使う方法はクルマと同様
バイクでETCを使う方法はクルマと同様

 料金所での渋滞緩和を目的に開始されたETCですが、メリットはそれだけではありません。停止や発進、アイドリングといった無駄な燃料消費や排気ガスを抑えることができるため、地球環境にもやさしい取り組みとなっています。また、休日割引や深夜割引など、お得に利用できるサービスが充実している点もメリットといえるでしょう。

 なお、ETCはETCレーン通過時に通行料金が自動で電子決済され、発生した料金は後日、クレジットカードにより支払われるという仕組みです。

 もちろんクルマだけではなくバイクも利用することが可能となっていますが、バイクで利用するにあたって、何か注意点などはあるのでしょうか。

ETC車載器を使用することでバイクもETCレーンを通過できる
ETC車載器を使用することでバイクもETCレーンを通過できる

 結論からいうと、ETCを利用する際にバイクとクルマで異なる点はありません。一般的にETCを利用するには、ETCカードとETC車載器を準備しなければならず、ETCカードはクレジットカードとは別で発行する必要があり、ETC車載器に挿し込んで利用する仕組みです。

 ETC車載器はバイクの車体に取り付けて利用するため、専門店で設置とセットアップを依頼する必要があります。

 バイクで利用する際の注意点としては、バイクに取り付けるETC車載器は2万円から3万円くらいが相場で、クルマ用のものより高額な傾向があります。しかし、価格が安いからといって、クルマ用のETC車載器をバイクに取り付けることはできません。

 クルマ用のETC車載器は、風雨に晒されることのない車内に取り付けることを前提で作られているため、バイクの走行条件に耐えられるだけの強度が保証されていません。

 一方、バイク用のETC車載器は雨やホコリ、振動などの厳しい条件に耐えられるよう丈夫に作られています。そのため、防水性や防塵性、耐振動性がクルマ用よりも優れているため、高額である場合が多いというわけです。

ETCカードにクレジットカードを登録することで料金が後日請求される
ETCカードにクレジットカードを登録することで料金が後日請求される

 ちなみに、バイク用のETC車載器には「アンテナ一体型」と「アンテナ分離型」の2タイプがあります。

 アンテナ一体型は、2ピース型とも呼ばれており、主にハンドル周りに設置するタイプです。配線が単純な構造となっているため工賃が安く済み、本体が手元にあるので操作がしやすいメリットがあります。ただし、本体が人目につきやすいため、盗難のリスクが高いのが難点です。

 一方のアンテナ分離型は、3ピース型とも呼ばれており、設置場所の自由度が高い点が特徴。人目につきにくいシート下やカウルの内側に本体を取り付けられますが、配線が複雑なため自分で取り付けるのは難しい点がデメリットといえるでしょう。

 なお、ETCを利用する際にもっともトラブルが多いのが、ETCレーンを通過する際に開閉バーが開かなくなること。その原因のほとんどは、運転者による人的ミスとなっています。

 ETCゲートを通過する際は、レーンの手前で十分な車間距離をキープし、20km/h以下に減速。2台並んで通れる幅があるからといって、レーン内での並走や追い抜きなどをすると、通信エラーの原因になるので、必ず1台ずつ通過するようにしましょう。また、ETCカードの挿入忘れや挿入方向間違え、有効期限切れや車載器の不具合などでも開閉バーは開きません。最近では、カードの未挿入や期限切れを音声で知らせてくれる車載器も増えていますが、エラーを防ぐためにも定期的に自分で挿入状態を確認するようにしましょう。

ゲートが開かなかった場合の対処法とは?

では、エラーを起こしてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

ETC車載器に使用可能なETCカードが挿入されているかを定期的に確認する事で、レーンでのトラブルを防ぐ
ETC車載器に使用可能なETCカードが挿入されているかを定期的に確認する事で、レーンでのトラブルを防ぐ

 ETCの開閉バーは、完全に降りた状態でも中央部や左端にバイクが通れるぐらいのすき間ができるよう考慮されています。そのため、万が一開閉バーが開かなかった場合、クルマもバイクもその隙間を通過することで、衝突などのトラブルを軽減できる仕組み。

 そのため、もし入口で開閉バーが開かなかった場合は追突を避けるために停止せず、そのまま通過しましょう。そして出口で、有人レーンの係員に事情を説明すれば、対応してくれます。また、出口で通信エラーになった場合も、そのままレーンを通過しましょう。その後、駐停車ができる安全な場所か、出口付近にある管理事務所の駐車場にバイクを停め、高速道路会社に電話するか、管理事務所の人の指示に従うと良いでしょう。

 ちなみに、高速道路で不正通行をおこなった場合は、通常の2倍の通行料金を支払わなければなりません。これは、道路整備特別措置法の第26条に明記されており、ETCの不正利用だけでなく高速道路のすべての不正利用が対象です。

 また、督促に応じず納期までに料金を支払わなかった場合は、年利10.75%の割合で延滞金が発生。さらに悪質な場合は、道路整備特別措置法の第59条に基づき、刑事罰(30万円以下の罰金)が適用されます。

 高速道路の不正通行は立派な犯罪であり、決して許されるものではありません。過去にはETCを利用した不正通行で、逮捕や送致に至ったケースもあります。

【画像】バイクでETCを利用する様子を画像で見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事