公道を走れるMoto2マシンが登場! トライアンフ「新型ストリートトリプル765」はマジ凄そうです

トライアンフは、ミドルクラスの3気筒スポーツネイキッド「ストリートトリプル765」の最新シリーズをスペインで発表しました。モーターサイクルジャーナリストのケニー佐川がMotoGP最終戦のバレンシアからレポートします。

トライアンフの新型市販車発表がMotoGP会場で行われたワケ

 英国が生んだ世界最古級のモーターサイクルブランドが「TRIUMPH(トライアンフ)」です。“大勝利”を意味するトライアンフの、ミドルクラススポーツネイキッド「ストリートトリプル765」にシリーズ最新モデルが登場するとのことで、その国際メディア発表会に参加するためスペインのバレンシアへ行ってきました。会場はMotoGP最終戦が開催されたリカルド・トルモ・サーキットです。

トライアンフが供給するストリートトリプル765ベースのエンジンで競われるMoto2。マシン性能差がほとんどなく毎戦激しいバトルが展開される。最高速は300km/hに達する
トライアンフが供給するストリートトリプル765ベースのエンジンで競われるMoto2。マシン性能差がほとんどなく毎戦激しいバトルが展開される。最高速は300km/hに達する

 何故、トライアンフの市販車がMotoGPのサーキットで発表されるのでしょうか、それには深い理由がありまして、実はMoto2マシンに搭載されるエンジンはトライアンフが供給しているのです。

 参考までに、Moto2とはFIMロードレース世界選手権の各クラスの中で、最高峰のMotoGPに次ぐ2番目のクラスにあたります。以前は2スト250ccマシンのカテゴリーでしたが、2010年からレギュレーションが変わってホンダ製4スト4気筒600ccのエンジンワンメイクになり、2019年からはこれに代わってトライアンフが独占的公式サプライヤーとして4スト3気筒765ccエンジンを提供しています。

 このエンジンを使って、各チームはシャーシビルダーと協力してマシンを作り上げレースに挑みますが、エンジンワンメイクなのでマシン性能差がほとんどなく毎回、見応え十分の激しいバトルが展開されます。

 そのMoto2用の水冷並列3気筒エンジンというのが、実はストリートトリプル765用をベースに開発されているのです。ルーツを辿ると、フルカウルスーパースポーツのDaytona 675Rをベースに排気量を765ccに拡大して2017年に登場した、新型ストリートトリプルRSが搭載する3気筒765ccエンジンがベースになります。これにレース専用チューンを施し、パワーとトルクの大幅な向上が図られたのがMoto2用エンジンです。

MotoGPバレンシアGP開催ウィークのリカルド・トルモ・サーキット特設会場にて新型ストリートトリプル765のメディアローンチが開催。アンベールが行われた
MotoGPバレンシアGP開催ウィークのリカルド・トルモ・サーキット特設会場にて新型ストリートトリプル765のメディアローンチが開催。アンベールが行われた

 そして今回、発表された新型ストリートトリプル765シリーズには、苛烈を極めるMoto2レースからフィードバックされた知見と技術を注いだ新型エンジンが搭載されています。

【画像】新型「ストリートトリプル765」の各部ディテールを見る!(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事