KTMのケビン・ベナビデス選手がダカールラリー2度目の総合優勝

ステージ14は、Red Bull KTM Factory Racing ケビン・ベナビデス選手が制しています。ケビン・ベナビデス選手は、2021年に続き2度目の総合優勝です。

ダカールラリー2023ステージ14

 ダカールラリー2023最終ステージは、短い136kmのスペシャルステージが設定されたアルホフフとダンマームの間で行われました。降雨の中リバーススタートで始まった最終ステージでは、観客たちがすべてのライダーたちの勇姿を見送ることができます。

ダカールラリー2023総合優勝のRed Bull KTM Factory Racing ケビン・ベナビデス選手
ダカールラリー2023総合優勝のRed Bull KTM Factory Racing ケビン・ベナビデス選手

 8549kmで行われたダカールラリー2023の総合優勝は、ステージ14も制したRed Bull KTM Factory Racing ケビン・ベナビデス選手でした。ベナビデス選手は、2021年のダカールラリー以来2度目の総合優勝です。総合2位には、Red Bull KTM Factory Racing トビー・プライス選手、総合3位は、Husqvarna Factory Racing スカイラー・ハウズ選手です。

 総合首位ベナビデス選手と2位プライス選手の差は、43秒でした。

■Monster Energy Honda Team パブロ・キンタニラ選手(ステージ3位/総合4位)

Monster Energy Honda Team パブロ・キンタニラ選手
Monster Energy Honda Team パブロ・キンタニラ選手

 サウジアラビアでのダカールラリー2023を完走できて、とてもうれしく思っています。もちろん結果は目指していた場所ではありませんが、終えることができ、とてもうれしいです。どのステージも毎日100%の力を出して戦いました。支えてくれたチームにとても感謝しています。ダカールラリーだけでなく、シーズンはこれからも続いていきます。勝つときもあれば負けるときもある、それがレースというものです。

■Monster Energy Honda Team エイドリアン・ヴァン・ベバレン選手(ステージ8位/総合5位)

Monster Energy Honda Team エイドリアン・ヴァン・ベバレン選手
Monster Energy Honda Team エイドリアン・ヴァン・ベバレン選手

 目標としていた結果ではなかったものの、最後まで走りきれたことはとてもうれしく思っています。例えどんな結果であろうとも、ダカールラリーでの完走は勝利を意味すると思います。以前クラッシュのために完走できず、病院のテレビで他のライダーたちの姿を見ていたことを思い出します。ほぼ毎日がスプリントレースのような中、大きなミスは一つもなくチームはとても手堅いレースをすることができました。

■Monster Energy Honda Team ホセ・イグナシオ・コルネホ選手(ステージ34位/総合8位)

Monster Energy Honda Team ホセ・イグナシオ・コルネホ選手
Monster Energy Honda Team ホセ・イグナシオ・コルネホ選手

 ゴール地点に辿りつき、ダカールラリーを終えることができて幸せです。今年は今までレースしてきた中で、一番ハードだったと言える年だったでしょう。結果は望んでいたものではありませんでしたが、どのステージもベストを尽くすことができました。サポートしてくれたチーム、家族、そしてファンの皆さんに感謝をしています。

※ ※ ※

 次戦の世界ラリーレイド選手権は、アラブ首長国連邦で2月25日から3月3日にかけて開催されます。

【画像】ダカールラリー2023最終ステージの画像を見る(11枚)

画像ギャラリー

最新記事