ハーレー「X350」「X500」 普通二輪で乗れる最新モデルを10月に日本へ導入

ハーレーダビッドソン ジャパンは、新型のミドルクラスモデル「X350」「X500」を2023年10月に日本市場へ導入します。

小型ハーレーをグローバル展開

 ハーレーダビッドソン ジャパンは、新型のミドルクラスモデル「X350」「X500」を2023年10月に日本市場へ導入します。

ハーレーダビッドソン「X300」(右)と「X500」(左)
ハーレーダビッドソン「X300」(右)と「X500」(左)

 2023年春に発表されたX350、ならびにX500は、中国のメーカー「Zhejiang QJmotor Co., Ltd.」との協力関係により生まれた新型のネイキッドモデルです。

ハーレーダビッドソン「X300」
ハーレーダビッドソン「X300」

 Zhejiang傘下のバイクブランド「ベネリ」の「302S」をベースにしたX350においては、排気量を300ccから353ccまで拡大することで、最高出力36hp/9500rpm、最大トルク31Nm/7000rpmを発揮。

 302Sと共通の倒立式フロントフォークやカンチレバー式のリアサスペンションなどを使用しつつ、LEDの灯火類や外装によりアメリカン・フラットトラックスタイルを連想させるデザインに仕上げられています。

ハーレーダビッドソン「X500」
ハーレーダビッドソン「X500」

 また、ベネリ「レオンチーノ500」をベースに製作されたX500では最高出力47hp、最大トルク46Nmを発揮する排気量500ccのパラレルツインエンジンを搭載。

 丸みのある外装や切り詰められたリアフェンダーを装備することでポップな印象に仕上げられています。

 なお、X350、X500の日本仕様の価格、詳細は後日発表予定で、現在、ハーレーの公式webサイトでは同モデルの特別ページが開設中です。

【画像】ハーレーダビッドソン「X300」「X500」を画像で見る(37枚)

画像ギャラリー

最新記事