GPX「GTM250R」 日本限定発売のカフェレーサーモデルのスペックを公開

GPXジャパンは、2024年1月中旬に発売予定の日本限定モデル「GTM250R」の詳細スペックを公開しました。

進化を遂げたカフェレーサーモデル

 GPXジャパンは、2024年1月中旬に発売予定の日本限定モデル「GTM250R」の詳細スペックを公開しました。

GPXの日本限定モデル「GTM250R」
GPXの日本限定モデル「GTM250R」

 タイのバイクメーカー「GPX」が製造する「GentlemanRacer200(ジェントルマンレーサー200)」の後継機種となるGTM250Rは、排気量を197ccから250ccに拡大した小排気量のカフェレーサーモデルです。

 排気量拡大と共に、燃料供給システムをキャブレターからインジェクションへと変更したGTM250Rでは、800mmのシート高はそのままに、車輌重量を160kgから148kg へと減量。

 ホイールベースのショート化なども施されたことで、よりスポーティな特性が期待されます。

 なお、GTM250Rの価格は、近日発表予定となっています。

■GPX「GTM250R」
排気量(cc):250cc
エンジン種類:空冷4ストローク単気筒
最大出力:15kw/8500rpm
最大トルク:19N•m/7000rpm
ボア×ストローク(mm):72mm×61.4mm
圧縮比:9.65:1
燃料タンク容量:14L
変速機形式:リターン式 6 段変速
クラッチ形式:湿式多板
動力伝達方式:チェーン
エンジン始動方式:セルモーター
タイヤ(前):110/70-17(チューブ)
タイヤ(後):140/70-17(チューブ)
ブレーキシステム(前):ダブルディスク
ブレーキシステム(後):シングルディスク
重量(kg):148kg
燃料供給装置形式:フューエルインジェクション
点火方式:CDI
全長(mm):1,995mm
全幅(mm): 770mm
全高(mm): 1,120mm
シート高(mm): 800mm
ホイールベース(mm): 1,375mm
車両装備: アンチロックブレーキ(ABS) 有り

【画像】GPXの日本限定モデル「GTM250R」を画像で見る(24枚)

画像ギャラリー

最新記事